海渡 英祐

(カイト・エイスケ)
海渡 英祐(かいと えいすけ、1934年9月24日 - )は、日本の小説家・推理作家。日本推理作家協会現会員。本名広江純一。筆名は「成吉思汗=源義経」(海を渡った英雄)にちなむ。 1934年東京都目黒区に生まれる。少年時代を満洲で過ごし、1946年に引き揚げて青森市に居住。青森県立青森高等学校を経て東京大学法学部卒業後、推理小説家の高木彬光の『成吉思汗の秘密』執筆を手伝い、アルバイトで資料収集や原稿整理を助けたことから推理作家志望となる。 その後、初の自作小説『極東特派員』を1961年に刊行した。1967年には森鴎外やビスマルクなどを交え展開する殺人事件を描いた本格推理小説『伯林―一八八八年』で第13回江戸川乱歩賞を受賞する。そのときの乱歩賞の選考委員のひとりが高木彬光だった。その後の作家活動として創作した作品の内容傾向は本格、競馬、歴史推理小説や清水義範などらが得意とするユーモアミステリー小説の執筆など多くの種にわたっている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第13回 江戸川乱歩賞

海渡 英祐の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

パドックの残影



立風書房


海渡 英祐の著書を検索する

海渡 英祐の関連ニュース


海渡 英祐のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、海渡 英祐と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「海渡 英祐」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.