梶 よう子

(カジ・ヨウコ)

梶 よう子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

北斎まんだら



講談社

北斎まんだら



講談社 2017-03-24
信州小布施の豪商、高井家の惣領息子・三九郎は、かの有名な絵師の葛飾北斎の弟子になるために江戸へやって来た。だが、まともには取り合ってもらえず、かまってくれたのは美人画で有名な絵師の渓斎英泉こと善次郎だ

決戦!忠臣蔵



講談社 2017-04-28
夢枕獏が、山本一力が、諸田玲子が……「忠臣蔵」を描く! いままで戦国時代を舞台にすることが多かった「決戦!」シリーズだが、今回の舞台は江戸は元禄、テーマは「忠臣蔵」。当代きっての名手・七人が、日本人が

決戦!忠臣蔵



講談社

ヨイ豊



講談社

ヨイ豊



講談社 2015-11-27
元治2年(1865)、清太郎の師匠・三代豊国の法要が営まれる。広重、国芳と並んで「歌川の三羽烏」と呼ばれた花形絵師だった。歌川の大看板・豊国が亡くなったいま、誰が歌川を率いるのか。弔問客たちの関心はそ

柿のへた 御薬園同心 水上草介 御薬園同心水上草介シリーズ (集英社文庫)



集英社 2014-06-05
水上草介は、薬草栽培や生薬の精製に携わる小石川御薬園同心。人並み外れた草花の知識を持つものの、のんびり屋の性格と、吹けば飛ぶような外見からか、御薬園の者たちには「水草さま」と呼ばれ親しまれている。御薬

梶 よう子の著書を検索する

梶 よう子の関連ニュース


梶 よう子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、梶 よう子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。