梶永 正史

(カジナガ・マサシ)
梶永 正史(かじなが まさし、1969年- )は、日本の小説家。 山口県長門市生まれ。本名同じ。 2013年、「このミステリーがすごい!大賞」受賞者。 山口県長門市生まれ。山口県立美祢工業高等学校を卒業。コンピューター企業に勤務する傍ら39歳より本格的な執筆稼働を開始し、『このミステリーがすごい!』には第9回から4年連続で応募して受賞に至った。 受賞時のプレスリリースによると、「30代最後の初詣で、これまでなにも成し遂げたことがなかったことに焦りを感じて執筆を始めた」と語っている。 Kindle Storeより配信されていた「光と、陰と、その隙間」は第10回応募作を改稿したもので、実家である長門市が舞台になっている。また、大賞受賞作は勤務先である渋谷が舞台であるとともに山口県の描写が出てくるなど自身の体験が幅広く反映されている。 エピソード 山口の実家で白い紀州犬を飼っている。名前は"ボケ丸"。 実在の俳優を思い浮かべて相関図を作り、執筆は片道2時間の通勤時間を利用し、ほとんどスマホで行っている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

梶永 正史の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

組織犯罪対策課 白鷹雨音 (朝日文庫)



朝日新聞出版 2017-02-07


梶永 正史の著書を検索する

梶永 正史の関連ニュース


梶永 正史のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、梶永 正史と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「梶永 正史」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.