梶山 季之

(カジヤマ・トシユキ)
梶山 季之(かじやま としゆき、1930年1月2日 - 1975年5月11日)は、日本の小説家・ジャーナリスト。週刊誌創刊ブーム期にトップ屋として活躍、その後『黒の試走車』『赤いダイヤ』などの産業スパイ小説、経済小説でベストセラー作家となり、推理小説、時代小説、風俗小説などを量産するが45歳で死去。ルポライターとして梶季彦、少年向け冒険小説として梶謙介のペンネームがある。 生い立ち 土木技師の父が朝鮮総督府に勤務していたため、朝鮮の京城で生まれた。五木寛之は南大門小学校の後輩である。子供の時から作家志望で、小学3年頃には科学冒険小説を書いて級友に読ませていた。1942年京城中学校入学。敗戦後引き揚げ両親の郷里、広島県佐伯郡地御前村(現廿日市市)で育つ。広島二中(現広島観音高)を経て広島高等師範学校国語科に入学。在学中に同人誌『天邪鬼』を創刊、後に地元の同人誌を糾合し広島文学協会を設立、同人誌『広島文学』に参加するなど精力的に活動した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

梶山 季之の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)


越島 はぐ イラスト /
角川書店 2013-05-25

黒の試走車 (光文社文庫)



光文社 1990-04-20
発売間もない新型車(ニューモデル)と特急「さくら」の衝突! ついで起こる企画一課長の謎の事故死。二大自動車会社を向こうにまわして、業界を制覇せんとする「タイガー自動車」の前途には、不気味な暗雲が漂う。

せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)



筑摩書房 2014-02-21
“せどり”(背取、競取)とは、古書業界の用語で、掘り出し物を探しては、安く買ったその本を他の古書店に高く転売することを業とする人を言う。せどり男爵こと笠井菊哉氏が出会う事件の数々。古書の世界に魅入られ

梶山 季之の著書を検索する

梶山 季之の関連ニュース


梶山 季之のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、梶山 季之と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「梶山 季之」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.