角田 光代

(カクタミツヨ)
角田 光代(かくた みつよ、1967年3月8日 - )は、日本の作家、小説家、翻訳家。 来歴・人物 神奈川県横浜市出身。捜真小学校から捜真女学校中学部・高等学部を経て早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。大学では学生劇団「てあとろ50'」に所属。大学在学中の1988年、彩河杏名義で書いた「お子様ランチ・ロックソース」で上期コバルト・ノベル大賞受賞。ジュニア小説というジャンルでのデビューだったが、のちにこれは自分が望んでいたジャンルでは無かったと話している。 大学を卒業して1年後の1990年、「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞を受賞し、角田光代としてデビュー。1996年に『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を受賞したほか、数度芥川賞の候補に挙がった。2005年、『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞受賞。『キッドナップツアー』など児童文学も手がけている。 私生活では、2006年に芥川賞作家の伊藤たかみとの結婚が発表されていたが、2008年に一部雑誌で離婚が報じられる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第132回 直木賞 / 第18回 野間文芸新人賞 / 第25回 柴田錬三郎賞 / 第40回 泉鏡花文学賞

角田 光代の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ご本、出しときますね?


BSジャパン 編集 /若林 正恭 編集 /西加奈子 編集 /朝井リョウ 編集 /長嶋有 編集 /加藤千恵 編集 /村田沙耶香 編集 /平野啓一郎 編集 /山崎ナオコーラ 編集 /佐藤友哉 編集 /島本理生 編集 /藤沢周 編集 /羽田圭介 編集 /海猫沢めろん 編集 /白岩玄 編集 /中村航 編集 /中村文則 編集 /窪美澄 編集 /柴崎友香 編集 /角田光代 編集 /尾崎世界観 編集 /光浦靖子 編集 /佐久間宣行 編集 /
ポプラ社 2017-04-25

ご本、出しときますね?


BSジャパン 編集 /若林正恭 編集 /佐久間宣行 編集 /西加奈子 その他 /朝井リョウ その他 /長嶋有 その他 /加藤千恵 その他 /村田沙耶香 その他 /平野啓一郎 その他 /山崎ナオコーラ その他 /佐藤友哉 その他 /島本理生 その他 /藤沢周 その他 /羽田圭介 その他 /海猫沢めろん その他 /白岩玄 その他 /中村航 その他 /中村文則 その他 /窪美澄 その他 /柴崎友香 その他 /角田光代 その他 /尾崎世界観 その他 /光浦靖子 その他 /
ポプラ社 2017-04-28
小説家って面白い! 無類の本好き芸人・オードリー若林正恭と、20人の作家たちが“自分のルール”を語りつくす。 大人気番組、ついに書籍化! 西加奈子/朝井リョウ/長嶋有/加藤千恵/村田沙耶香/平野啓一郎

対岸の彼女 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
いじめで群馬に転校してきた女子高生のアオちんは、ナナコと親友になった。専業主婦の小夜子はベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始める。立場が違ってもわかりあえる、どこかに

対岸の彼女 (文春文庫)



文藝春秋
『「本屋大賞」事務局(http://www.hontai.jp)』からノミネート作品のPOPが届きました!

対岸の彼女



文藝春秋
『「本屋大賞」事務局(http://www.hontai.jp)』からノミネート作品のPOPが届きました!

森に眠る魚 (双葉文庫)



双葉社 2011-11-10

森に眠る魚



双葉社 2013-11-13
東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通してしだいに心を許しあうが、いつしかその関係性は変容していた。あの子さえいなければ。私さえいなければ…。凄みある筆致であぶりだした、現代に生きる母親たち

森に眠る魚



双葉社

さがしもの(新潮文庫)



新潮社 2016-09-02
「その本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ」、病床のおばあちゃんに頼まれた一冊を求め奔走した少女の日を描く「さがしもの」。初めて売った古本と思わぬ再会を果たす「旅する本」。持ち主不明の詩集に挟ま

角田 光代の著書を検索する

角田 光代の関連ニュース


角田 光代のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、角田 光代と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「角田 光代」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.