神山 裕右

(カミヤマ・ユウスケ)
神山 裕右(かみやま ゆうすけ、1980年 - )は、日本の小説家。愛知県生まれ。名古屋経済大学法学部卒業。 作家を志望し、アルバイトで生計を立てながら新人賞に応募する。2004年「カタコンベ」で、史上最年少(24歳3ヶ月)で第50回江戸川乱歩賞を受賞。同作は第23回(2004年度)日本冒険小説協会大賞の会員投票10位にもランクインした。 作品リスト カタコンベ(2004年8月 講談社 / 2007年8月 講談社文庫) サスツルギの亡霊 (2005年11月 講談社 / 2008年9月 講談社文庫) 炎の放浪者(2011年9月 講談社)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第50回 江戸川乱歩賞

神山 裕右の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

カタコンベ



講談社

サスツルギの亡霊



講談社

炎の放浪者



講談社

炎の放浪者



講談社 2012-12-17
14世紀初頭、端麗王フィリップ四世が統治するフランス。パリに暮らす鍛冶屋ジェラールは、ある日突然、妻と共に投獄される。無実の罪を訴える彼に王の腹心が出した解放の条件は、神殿騎士団逮捕直前に失踪した、一

神山 裕右の著書を検索する

神山 裕右の関連ニュース


神山 裕右のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、神山 裕右と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「神山 裕右」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.