加門 七海

(カモン・ナナミ)
加門 七海(かもん ななみ)は、日本の小説家、エッセイスト。 経歴・人物 東京都墨田区生まれ。多摩美術大学大学院修了。学芸員として美術館に勤務。1992年、『人丸調伏令』で小説家デビュー。日本古来の呪術・風水・民俗学などに造詣が深く、小説やエッセイなどさまざまな分野で活躍している。また、オカルト・ルポルタージュでも注目を集めている。ひとり百物語を特技とするほど、心霊体験も豊富。2009年8月22日、NHK-BS2の『最恐!怪談夜話』にて逸話を披露している。2012年からは、小説家の福澤徹三、アンソロジストの東雅夫とともに、てのひら怪談大賞の選考委員を務めている。なお、星野之宣は、加門七海からの菊理媛は何を言ったのかという質問から、『宗像教授伝記考』の「菊理媛は何を告げたか」を創作した。 著作 ジュニア小説 = 人丸調伏令シリーズ = 人丸調伏令(1992年5月 朝日ソノラマ文庫) 人丸調伏令 鬼王変幻(1992年11月 朝日ソノラマ文庫) 人丸調伏令 雨夜傾情(1993年9月 朝日ソノラマ文庫) 人丸調伏令 風恋遷化(1994年3月 朝日ソノラマ文庫) 【改題・加筆】人丸調伏令 完全版(2000年5月 ソノラマノベルス【上下】) = じぱんぐ!シリーズ = じぱんぐ!(1994年11月 富士見ファンタジア文庫) じぱんぐ!2 ワニたちに明日はない(1995年9月 朝日ソノラマ文庫) = 晴明。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

加門 七海の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

加門 七海の著書を検索する

加門 七海の関連ニュース


加門 七海のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、加門 七海と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「加門 七海」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.