鴨 長明

(カモノ・チョウメイ)
鴨 長明(かも の ちょうめい、久寿2年(1155年) - 建保4年閏6月10日(1216年7月26日))は、平安時代末期から鎌倉時代にかけての日本の歌人・随筆家。俗名はかものながあきら。禰宜・鴨長継の次男。位階は従五位下。菊大夫とも号した。 賀茂御祖神社の神事を統率する禰宜の鴨長継の次男として京都で生まれた。高松院の愛護を受け、応保元年(1161年)従五位下に叙爵されたが、承安2年(1172年)頃に父・長継が没した後は、後ろ盾を失った。安元元年(1175年)長継の後を継いだ禰宜・鴨祐季と延暦寺との間で土地争いが発生して祐季が失脚したことから、長明は鴨祐兼とその後任を争うが、敗北してしまう。 和歌を俊恵の門下として、琵琶を楽所預の中原有安に学ぶ。歌人として活躍し、歌林苑の会衆として賀茂重保撰の『月詣和歌集』に入撰し、『千載和歌集』にもよみ人知らずとして入集している。以降、石清水宮若宮社歌合、正治後度百首、新宮撰歌合、和歌所撰歌合、三体和歌、俊成卿九十賀宴、元久詩歌合などに出詠し、建仁元年(1201年)8月和歌所寄人に任命された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

鴨 長明の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

方丈記



2012-09-27
平安時代末期から鎌倉時代にかけての日本の歌人・随筆家、鴨野長明の随筆作品。日本中世文学の代表的な随筆とされ、約100年後に執筆された 吉田兼好の「徒然草」、清少納言の「枕草子」とあわせて日本三大随筆と

方丈記



ゴマブックス株式会社 2013-11-08
人生や生命、世のはかなさや移ろいやすさ、そしてそれらに対する苦悩……。代表的隠者文学であり、読んでおきたい日本三大随筆の一つ。【目次】方丈記

方丈記 (岩波文庫)


市古 貞次 翻訳 /
岩波書店

方丈記 (古典への旅)



ブレイク・アート社

新訂 方丈記 (岩波文庫)



岩波書店 2015-01-22
人の世の無常を感じ出家遁世した長明(一一五五?―一二一六).が,方丈の草庵でもなお「汝すがたは聖人にて心は濁りに染めり」と自責せずにはいられない.この苦渋にみちた著者の内面と,冷静な目によって捉えられ

鴨 長明の著書を検索する

鴨 長明の関連ニュース


鴨 長明のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、鴨 長明と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「鴨 長明」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.