嘉村 礒多

(カムラ・イソタ)
嘉村 礒多(かむら いそた 1897年(明治30年)12月15日 - 1933年(昭和8年)11月30日)は、日本の私小説家。山口県吉敷郡仁保村(現在は山口市仁保)出身。 生涯 1897年(明治30年)12月15日、父・若松、母・スキとの間に生まれる。実家は農業を営む、裕福な地主であった。 旧制山口中学に入学後、徐々に人との交流を望まない性格になり、1914年(大正3年)、無断欠席が重なり4年生で退学。その後は実家に戻り、家業の農業を手伝うようになる。強い心の支えを求めていた嘉村は、帰農後にキリスト教に接近するが、信者となるには至らなかった。しかし彼の心は常に頼れるものを追い求め、その後、浄土真宗本願寺派僧侶の桃林皆遵の影響で、熱心な浄土真宗信者となり、桃林を通じて、真宗大谷派僧侶の近角常観を知る。1915年(大正4年)、綱島梁川に傾倒、私淑するようになる。 同年、結婚をめぐって両親と対立。人間不信と離人癖が高じ、近隣より「嘉村の神経病」と噂される程となる。 1918年(大正7年)、藤本静子と結婚。静子に前夫が居た等、品行が悪いとの噂を聞き、結婚を渋るが、家の体面を守るため式を挙げる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

嘉村 礒多の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

嘉村 礒多の著書を検索する

嘉村 礒多の関連ニュース


嘉村 礒多のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、嘉村 礒多と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「嘉村 礒多」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.