金堀 則夫

(カナホリ・ノリオ)
金堀 則夫(かなほり のりお、1944年-)は日本の詩人。 大阪府生まれ。立命館大学卒業。詩誌「交野が原」、「石の森」主宰。 日本現代詩人会会員、日本詩人クラブ会員、日本ペンクラブ会員、関西詩人協会運営委員、日本現代詩歌文学館評議員を務める。郷土史をテーマとしたカルタの制作も行なっている。詩集「かななのほいさ」で第11回神戸ナビール文学賞受賞。2014年、詩集「畦放」で第47回日本詩人クラブ賞受賞。 主な著作 詩集 「氷結作業」(1972年)  「夢死」(1974年)  「愛のエスキス」(1975年) 「白い沈黙」(1976年)  「石の宴」(1979年) 「想空」(1987年)  「ひ・ひの鉢かづき姫」(1996年) 「かななのほいさ」(2003年) 「神出来(かんでら)」(2009年) 「畦放(あはなち)」(2013年) 編著 「赤いチョーク」(1986年)  「続赤いチョーク」(1988年)  「続・続赤いチョーク」(1993年) 郷土史カルタ 「四條畷郷土史カルタ」(1979年) 「田原の里」(1993年) 「大東のふるさと」(1997年) 「交野・星田郷土史カルタ」(2007年) 作詞 四条畷市歌(1990年)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

金堀 則夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

金堀則夫詩集 (新・日本現代詩文庫121)



土曜美術社出版販売

畦放(あはなち)



思潮社

赤いチョーク―ある少女たちの詩 (1984年)


金堀 則夫 編集 /小林 初根 編集 /
交野が原発行所

かななのほいさ―詩集



土曜美術社出版販売

神出来―詩集



砂子屋書房


金堀 則夫の著書を検索する

金堀 則夫の関連ニュース


金堀 則夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、金堀 則夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「金堀 則夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.