上林 暁

(カンバヤシ・アカツキ)
上林 暁(かんばやし あかつき、1902年(明治35年)10月6日 - 1980年(昭和55年)8月28日)は、日本の小説家である。高知県西部の幡多郡出身。本名は、徳廣巌城(とくひろ いわき)。 来歴・人物 高知県幡多郡田ノ口村下田ノ口(現在は幾多の町村合併を経て黒潮町)に生まれた。 高知県立三中(現高知県立中村高等学校)の時代には、雑誌『文章世界』に影響を受け、友人らと語らって回覧雑誌『かきせ』を発行し、この頃に小説家になる希望を持った。また、芥川龍之介に傾倒する。 1921年(大正10年)に熊本の第五高等学校文科甲類に入学。入学した年に校友会雑誌『龍南』の懸賞創作に応募した『岐阜提燈』が三等に入選。翌年には雑誌部委員となる。1922年(大正11年)に高等学校の寮を出て、熊本市上林(かんばやし)町75の森山方に下宿、「上林」の筆名は、このときに住んだ地名に由来する。 東京帝国大学文学部英文科に進学し、1927年(昭和2年)に卒業後は改造社に入社。『現代日本文学全集』の校正や雑誌編集に従う傍ら、同人雑誌『風車』を刊行し、同誌に『渋柿を囓る少年又は飯を盗む少年』『凡人凡日』『夕暮の会話』を発表する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第16回 読売文学賞小説賞

上林 暁の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

白い屋形船・ブロンズの首 (講談社文芸文庫)



講談社 2014-03-20
脳溢血で、右半身、下半身不随、言語障害に遭いながら、不撓不屈の文学への執念で歩んだ私小説の大道。読売文学賞「白い屋形船」、川端賞「ブロンズの首」ほか、懐かしく優しい、肉親・知友、そして“ふるさと”の風

禁酒宣言 ――上林暁・酒場小説集 (ちくま文庫)


坪内祐三 編集 /
筑摩書房 2013-08-02
世に私小説というものがあり、今ではなんとなく遠ざけられているが、実は近代日本文学の有力なスタイルなのではないかという指摘もある。というコムズカシイ話はさておき、『禁酒宣言』は代表的私小説作家の1人上林

聖ヨハネ病院にて (新潮文庫)



新潮社
平成5年13刷発行の新潮復刊文庫です。カバー表紙に経年微キズがございますが、本文に、書き込み・折れ・ヤケ・ヨゴレ等はございません。栞紐もしっかりしています。帯無です。丁寧に発送いたします。どうぞよろし

宇野浩二回想 (1963年)


川崎 長太郎 編集 /上林 暁 編集 /渋川 驍 編集 /
中央公論社


上林 暁の著書を検索する

上林 暁の関連ニュース


上林 暁のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、上林 暁と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「上林 暁」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.