金原 ひとみ

(カネハラ・ヒトミ)
金原 ひとみ(かねはら ひとみ、1983年8月8日 - )は、日本の小説家。二人の娘とパリ在住。 東京都出身。 父は児童文学研究家・翻訳家・法政大学社会学部教授の金原瑞人。 文化学院高等課程中退。小学校4年生のとき不登校になり、中学、高校にはほとんど通っていない。小学6年のとき、父親の留学に伴い、1年間サンフランシスコに暮らす。 小説を書き始めたのは12歳の時。15歳のころリストカットを繰り返す。中学3年生の時、父が法政大学で開いていたゼミに、「めいっ子の高校生」として参加。20歳の時、周囲の勧めを受けてすばる文学賞に応募した。 2003年、「蛇にピアス」で第27回すばる文学賞を受賞。 2004年、同作で第130回芥川賞を綿矢りさと共に受賞。翌年に集英社の担当編集者と結婚。 2007年、アニメ映画「カフカ 田舎医者」で映画初出演。第1子(長女)を出産。 2010年、短編「夏旅」で川端康成文学賞最終候補。小説「トリップ・トラップ」で第27回織田作之助賞を受賞。 2011年、放射能汚染を心配して東京から父親の実家である岡山に移住して次女を出産した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第130回 芥川賞

金原 ひとみの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

金原 ひとみの著書を検索する

金原 ひとみの関連ニュース


金原 ひとみのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、金原 ひとみと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「金原 ひとみ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.