金子 光晴

(カネコ・ミツハル)
金子 光晴(かねこ みつはる、1895年(明治28年)12月25日 - 1975年(昭和50年)6月30日)は、愛知県津島市生まれの詩人。本名は安和。弟に詩人で小説家の大鹿卓がいる。妻も詩人の森三千代、息子に翻訳家の森乾。 暁星中学校卒業。早稲田大学高等予科文科、東京美術学校日本画科、慶應義塾大学文学部予科に学ぶも、いずれも中退。 1895年(明治28年) 12月25日、愛知県海東郡越治村(現:津島市下切町)の酒商の家に生まれる。父・大鹿和吉、母・里やう。本名は安和、後に保和を名のる。 1897年(明治30年) 父が事業に失敗し、名古屋市小市場町(現:中区錦三丁目)に転居する。土建業の清水組名古屋出張所主任だった金子荘太郎の養子となる(正式には6歳のとき)。養母の須美は当時16歳。 1900年(明治33年) 養父が京都出張所主任となったため、京都市上京区に転居。 1902年(明治35年) 4月、金子保和の名で銅駝尋常高等小学校尋常科に入学する。 1906年(明治39年) 養父の東京本店転任にともない、一家は銀座の祖父宅に転居する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

金子 光晴の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

どくろ杯 (中公文庫)



中央公論新社

どくろ杯 (中公文庫)



中央公論新社 2012-12-19
『こがね蟲』で詩壇に登場した詩人は、その輝きを残し、夫人と中国に渡る。長い放浪の旅が始まった――青春と詩を描く自伝。

どくろ杯 (中公文庫 A 81)



中央公論新社

どくろ杯



中央公論新社

マレー蘭印紀行 (中公文庫)



中央公論新社

マレー蘭印紀行 (中公文庫)



中央公論新社

マレー蘭印紀行 (中公文庫)



中央公論新社 2012-12-19
昭和初年、夫人三千代とともに流浪する詩人の旅はいつ果てるともなくつづく。東南アジアの自然の色彩と生きるものの営為を描く。

ねむれ巴里 (中公文庫)



中央公論新社

ねむれ巴里 (中公文庫)



中央公論新社 2014-02-07
深い傷心を抱きつつ、夫人三千代と日本を脱出した詩人はヨーロッパをあてどなく流浪する。『どくろ杯』につづく自伝第二部。

金子 光晴の著書を検索する

金子 光晴の関連ニュース


金子 光晴のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、金子 光晴と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「金子 光晴」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.