狩野 直喜

(カノ・ナオキ)
狩野 直喜(かの なおき、1868年2月11日(慶応4年1月18日) - 1947年(昭和22年)12月13日)は、肥後国生まれの中国学者・歴史学者、京都帝国大学名誉教授。字は子温、号に君山、半農人がある。内藤湖南・桑原隲蔵と並ぶ京都支那学の創始者の一人。 略歴・人物 東京帝国大学文科大学漢学科卒業。中国本土(清)に留学した際には、義和団事件に巻き込まれ服部宇之吉とともに北京の日本公使館に籠城した。帰国後、1906年(明治39年)、新設されたばかりの京都帝国大学文科大学の教授に就任し、在任中フランスに留学、シノロジーの大家シャヴァンヌ・ペリオらと交遊し当時最先端の文献学的方法を吸収、またフランスに持ち帰られた敦煌文書(敦煌学)の閲覧研究も行った。1928年定年退官。 また先述の服部とともに、義和団事件賠償金で運営された日中共同の東方文化事業に関与し、東方文化学院京都研究所(現・人文科学研究所)初代所長に就任した。1925年(大正14年)、帝国学士院会員。1944年(昭和19年)には文化勲章受章。京都帝大教授として、青木正児・吉川幸次郎らの中国文学者・中国学者を指導育成し、また旧熊本藩細川家当主となった細川護貞にも(元藩儒の流れとして)仕え、中国文学を教えた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

狩野 直喜の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

狩野 直喜作品集: 全10作品を収録 (青猫出版)



青猫出版 2016-12-17
全10作品を収録。目次リンクから各作品へ移動できます。【収録作品】孔子と管仲支那近世の國粹主義支那研究に就て支那人心の新傾向

近代日本の名著(第3巻)-諸子百家論編【「孔子」「墨子」「道教について」他】 響林社文庫


しみじみ朗読文庫 編集 /
響林社 2014-10-25
近代日本の名著シリーズの第3巻目は、諸子百家論編です。 孔子( 和辻哲郎) 支那史上の偉人(孔子と孔明)(桑原隲藏) 墨子(幸田露伴) 道教

中国哲学史 (1953年)



岩波書店

漢文研究法 (1979年)



みすず書房

孔子と管仲



2012-10-07
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

両漢学術考 (1964年)



筑摩書房

続狗尾録



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

支那学文藪 (1973年)



みすず書房

支那人心の新傾向



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

御進講録



みすず書房


狩野 直喜の著書を検索する

狩野 直喜の関連ニュース


狩野 直喜のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、狩野 直喜と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「狩野 直喜」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.