笠井 潔

(カサイ・キヨシ)
笠井 潔(かさい きよし、1948年11月18日 - )は、日本の小説家、推理作家、SF作家、文芸評論家。 中央公論社の編集者で思想家の矢代梓(笠井雅洋)は実兄。息子の笠井翔はゲームクリエイター。 来歴・人物 東京都生まれ。和光大学除籍。学生運動に関わり、構造改革派系の共産主義労働者党の学生組織であるプロレタリア学生同盟のイデオローグだった。 当時「黒木龍思」の筆名を使用しており、「黒木」はルカーチ主義者の福本和夫が日本共産党内で用いていた変名に由来する。その後、連合赤軍事件をはじめとして新左翼各派が内ゲバに転じていくのに失望し、思想的に転向する。 1974年から2年間のパリ滞在を経て、その期間中に草稿を書いた『バイバイ、エンジェル』を1979年に発表。同作が第6回角川小説賞を受賞し、小説家としてデビューする。小説執筆と平行して、SF・ミステリー小説への評論活動をする一方で、『ユリイカ』などへの寄稿も行っている。 小説家としての仕事と平行して思想家・哲学者としての仕事も旺盛に展開する。 『テロルの現象学』でマルクス主義と完全に決別し、以後「マルクスに依拠しない左翼思想」を模索しつづけ、思想史には「マルクス葬送派」(小阪修平、長崎浩)と呼ばれる思潮に属する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

笠井 潔の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)


笠井 潔 解説 /
講談社

バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)



東京創元社 2017-01-21
日本の推理文壇に新しい一ページを書き加えた笠井潔の華麗なるデビュー長編ピレネーの旧家デュ・ラブナン家のイヴォンは、スペイン戦争の際レジスタンスに参加し、失踪する。

哲学者の密室



光文社

テロルとゴジラ



作品社


笠井 潔の著書を検索する

笠井 潔の関連ニュース


笠井 潔のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、笠井 潔と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「笠井 潔」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.