加藤 秀俊

(カトウ・ヒデトシ)
加藤 秀俊(かとう ひでとし、1930年(昭和5年)4月26日 - )は、日本の評論家・社会学者。文明論・メディア論・大衆文化論などで有名。1989年(平成元年)に外務大臣賞、1996年(平成8年)に郵政大臣賞を受賞。 来歴・人物 東京府豊多摩郡渋谷町に生まれ、東京府東京市渋谷区及び世田谷区下北沢で育つ。仙台陸軍幼年学校、旧制東京都立第六中学校(現東京都立新宿高等学校)4年修了を経て、1953年(昭和28年)東京商科大学(現一橋大学)を卒業(南博ゼミナール)。南は、歌舞伎関係者と「伝統芸術の会」を作って研究を行っており、歌舞伎の観客調査や、歌舞伎の脚本の内容分析などを行う。同大研究科に進学も中退。1976年(昭和51年)社会学博士(東洋大学)。 辰濃和男は大学の語学クラスの同級生。また伊東光晴らとともに新聞部で『一橋新聞』の編集に携わる。また、南が創設者の一人であった「思想の科学研究会」にも入会。またアルバイトで『映画評論』の編集も行い、佐藤忠男と知り合う。 青蘭女子商業高等学校で教鞭(西洋史)をとった後、1953年(昭和28年)京都大学人文科学研究所助手採用試験を受験。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

加藤 秀俊の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

孤独な群衆


加藤 秀俊 翻訳 /
みすず書房
1995年第36刷、帯付。カバー、天と小口は比較的キレイです。本文30ページほど赤ペンでアンダーラインがありますが、使用状況は割と良好なのでその他はキレイです。消臭・消毒の上、検品後出荷します。 (特

取材学―探求の技法 (中公新書 (410))



中央公論新社
取材学―探求の技法 (中公新書 (410)) [新書] [Oct 25, 1975] 加藤 秀俊

孤独な群衆 上 (始まりの本)


加藤 秀俊 翻訳 /
みすず書房

孤独な群衆 下 (始まりの本)


加藤 秀俊 翻訳 /
みすず書房

隠居学 おもしろくてたまらないヒマつぶし (講談社文庫)



講談社 2014-03-07
森羅万象、世の中はおもしろいことだらけ。なにかを知って、ああ、おもしろいねえ。きょうも物知りになった、と夜、寝る前に満足感にひたりながらニヤニヤできれば、それでいいのだ。現役をはなれて自由になった隠居

みっともない人体


加藤 秀俊 翻訳 /多田 道太郎 翻訳 /
鹿島出版会


加藤 秀俊の著書を検索する

加藤 秀俊の関連ニュース


加藤 秀俊のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、加藤 秀俊と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「加藤 秀俊」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.