加藤 廣

(カトウ・ヒロシ)

加藤 廣の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

信長の棺 上



文藝春秋 2013-09-06
驚天動地の歴史ミステリーは、安土城の終焉から幕を開ける――。本能寺から消えた信長の遺骸。その謎を追う太田牛一の執念が掴んだ恐るべき真実とは。斬新な信長像が話題を呼んだ傑作長篇!

信長の血脈 (文春文庫)



文藝春秋 2015-03-20
『信長の棺』著者、渾身の文庫オリジナル信長の守役・平手政秀自害の真の原因は? 秀頼は淀殿の不倫で生まれた子か? 島原の乱の黒幕は? スリリングな歴史ミステリー。

信長の血脈 (文春文庫)



文藝春秋 2014-12-04

水軍遙かなり(上) (文春文庫)



文藝春秋 2016-09-16
志摩水軍の若き継嗣・九鬼守隆。水平線の彼方を眺めつつ戦国の世に育つ。父・嘉隆に連れられ安土城で「天魔」と懼れられた信長に会い、この覇者が頑迷な京の暦学者達に苛立って

水軍遙かなり 上 (文春文庫)



文藝春秋 2016-08-04

水軍遙かなり(下) (文春文庫)



文藝春秋 2016-09-16
朝鮮出兵で九鬼水軍の大型鉄甲船は苦戦する。父・嘉隆は戦功をあげられず怯えるが秀吉は「夢のまた夢」の辞世を遺し病没。趨勢は一気に家康に傾く。関ヶ原で東西に別れた嘉隆と

水軍遙かなり 下 (文春文庫)



文藝春秋 2016-08-04

信長の棺 下



文藝春秋 2013-09-06
消えた信長の遺骸、秀吉の中国大返し、桶狭間山の秘策……すべての謎が解ける! 斬新な信長像が話題を呼んだ傑作長篇。なぜ信長の遺骸はいつまでたっても見つからないのか。光秀はなぜ戦勝

加藤 廣の著書を検索する

加藤 廣の関連ニュース


加藤 廣のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、加藤 廣と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。