河内 仙介

(カワチ・センスケ)
河内仙介(かわち せんすけ、1898年10月21日 -1954年2月21日)は日本の小説家である。
大阪府生まれ。大阪市立天王寺商業高等学校 大阪市立甲種商業学校卒。本名は塩野房次郎。里見弴のもとに出入りし、弴の小説「文学」のモデル。親友・北条秀司の紹介で長谷川伸に師事し、新小説社に勤めるが、「軍事郵便」で思いがけず直木賞を受賞。戦争中は片瀬で軍需工場の宿舎の舎監をし、戦後弴を訪ねて就職を依頼、久米正雄が世話をした。
1940年、「軍事郵便」で第11回直木賞受賞。
軍事郵便 新潮社、1940
山高帽子: 1941年日活により映画化
遺書: 1941年東宝により映画化(「母は死なず」)
わが姉の記 泰光堂、1943
日本の小説家
直木賞受賞者
大阪府出身の人物
1898年生
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

河内 仙介の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

軍事郵便


Audible Studios 出版社 /粟津 貴嗣 ナレーション /
Audible Studios
戦争中における、戦場から家族のもとへ日本人兵士が送った手紙。第11回直木賞受賞作品。

河内 仙介の著書を検索する

河内 仙介の関連ニュース


河内 仙介のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、河内 仙介と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「河内 仙介」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.