川口 松太郎

(カワグチ・マツタロウ)
川口 松太郎(かわぐち まつたろう、1899年(明治32年)10月1日 - 1985年(昭和60年)6月9日)は日本の小説家、劇作家、日本芸術院会員、戦後の大映映画の専務。松田昌一の名で映画脚本も手がける。 東京市浅草区浅草今戸町(現在の東京都台東区今戸)出身。学歴は石浜小学校卒業。後妻は女優の三益愛子。三益との子は俳優の川口浩(長男)、川口恒(次男)、川口厚(三男)。、元女優で陶芸家の川口晶(国重晶)(長女)。 来歴・人物 洋服屋や、警察署の給仕、1915年(大正4年)の夏から約1年間、栃木県芳賀郡にあった祖母井郵便局に電信技士として勤務などした後、久保田万太郎に師事する。1915年小山内薫門下の脚本研究会員1923年(大正12年)の関東大震災の後、大阪のプラトン社に勤め、直木三十五と共に働き、『苦楽』の編集に当たる。劇団新生新派主事1938年(昭和12年)、大映監査役専務1947年(昭和21年)、同取締役1960年(昭和34年)、明治座取締役制作部長、浪花楽天地監査役。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第1回 直木賞 / 第3回 吉川英治文学賞

川口 松太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

夜の蝶 (1957年)



大日本雄弁会講談社

人情馬鹿物語



論創社

人情馬鹿物語 文庫コレクション (大衆文学館)



講談社 2014-09-19
憧れの女性に着せたい一心で華麗な振抽を精魂こめて縫い上げた刺繍職人、自分のため店の金を横領した若者の釈放に奔走する遊女、逢瀬(おうせ)の翌日は必ず負ける力士の出世を願って身を引く芸者……ここに描かれる

しぐれ茶屋おりく 文庫コレクション (大衆文学館)



講談社 2014-09-19
隅田川沿いの芦の湿原の中に建つ「しぐれ茶屋」。蛤の茶漬けを求めて、伊藤博文をはじめ、政治家・実業家・芸人らが通ったという。実在のモデルの女将おりくは殊の外、芸人を可愛がった。円熟した筆使いにのせ、明治

川口 松太郎の著書を検索する

川口 松太郎の関連ニュース


川口 松太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、川口 松太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「川口 松太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.