河口 俊彦

(カワグチ・トシヒコ)
河口 俊彦(かわぐち としひこ、1936年11月23日 - 2015年1月30日)は、将棋棋士。2002年、引退。将棋ライター。神奈川県横須賀市出身。小堀清一九段門下。棋士番号95。 棋歴 奨励会に16年在籍し、30歳でようやく四段に昇段しプロ棋士となった。これを機に奨励会在籍に年齢制限が設けられたこともあり、長い間ワースト記録となっていた(奨励会の在籍年数は、1992年に伊藤能の17年という新記録がこれを超えた)。 河口には棋戦優勝・タイトル挑戦など、秀逸した実績はないものの、順位戦では参加10期目となる1976年度(第36期)昇降級リーグ戦4組(現在のC級2組に該当)で8勝2敗(33名中2位)の好成績を修め、41歳の高齢で昇級を決める。以降19期に亘りC級1組に在位し続けた。 C級1組在位2期目で迎えた1978年度(第38期)順位戦では、前期からの連続昇級を遂げた谷川浩司に当期順位戦における唯一の黒星を喫させた。 1971年度(第13期)王位戦予選では、当時A級に在位していた加藤一二三を、1975年度(第8回)早指し戦予選では元名人の塚田正夫を、第1回(1982年度)全日プロ2回戦では名人失冠直後で王位のタイトルを有していた中原誠を、それぞれ破る殊勲を挙げた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

河口 俊彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

棋士の才能 ―河口俊彦・将棋観戦記集―



マイナビ出版(日本将棋連盟発行) 2017-02-23
※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、

大山康晴の晩節



飛鳥新社


河口 俊彦の著書を検索する

河口 俊彦の関連ニュース


河口 俊彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、河口 俊彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「河口 俊彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.