河東 碧梧桐

(カワヒガシ・ヘキゴトウ)
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年(明治6年)2月26日 - 1937年(昭和12年)2月1日)は、日本の俳人・随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。 愛媛県温泉郡千船町(現・松山市千舟町)にて松山藩士で藩校・明教館の教授であった河東坤(号・静渓)の五男として生まれる。少年の頃は正岡子規の友人で後に海軍中将となる秋山真之を「淳さん」と敬愛していた。 1888年(明治21年)、伊予尋常中学(現在の愛媛県立松山東高校)に入学。1889年(明治22年)、帰郷した子規に野球を教わったことがきっかけで、同級生の高濱清(後の高浜虚子)を誘い子規より俳句を学ぶ。 1893年(明治26年)、京都の第三高等学校入学。第二高等学校(現在の東北大学)に編入の後、中退。 1902年(明治35年)に子規が没すると、新聞『日本』俳句欄の選者を子規より受け継ぐ。1905年(明治38年)頃より従来の五七五調の形にとらわれない新傾向俳句に走り始め、1906年(明治39年)より1911年(明治44年)にかけて新傾向俳句の宣伝のため二度の全国俳句行脚を行う。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

河東 碧梧桐の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

碧梧桐俳句集 (岩波文庫)


栗田 靖 編集 /
岩波書店

河東碧梧桐全集 (第10巻)



短詩人連盟河東碧梧桐全集編纂室

碧梧桐全句集


栗田 靖 編集 /
蝸牛社

画人蕪村 (1930年)



中央美術社

三千里 (1973年)



講談社

Composession vol.1 TIAA全日本作曲家コンクール入賞者による作品集


河東 碧梧桐 その他 /立原 道造 その他 /
東京国際芸術協会 2015-10-10


河東 碧梧桐の著書を検索する

河東 碧梧桐の関連ニュース


河東 碧梧桐のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、河東 碧梧桐と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「河東 碧梧桐」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.