川上 健一

(カワカミ・ケンイチ)
川上 健一(かわかみ けんいち、1949年8月7日 - )は青森県上北郡三本木町(現・十和田市)出身の小説家。 青森県立十和田工業高校卒。『跳べ、ジョー!B・Bの魂が見てるぞ』で1977年に小説現代新人賞を受賞、作家デビュー。その後ヒット作がないまま、山梨県大泉村に移住、自給自足の暮らしをする。その後2001年、青春自伝小説『翼はいつまでも』が『本の雑誌』ベストテン入りして俄かに注目を集めた。この作品は坪田譲治文学賞を受賞し作家として復活。次いで2004年に『雨鱒の川』が、2006年に『四月になれば彼女は(映画タイトル『アオグラ AOGRA』)』が、2013年に『渾身』が映画化されるなど話題が多い。 著作リスト 小説『跳べ、ジョー!B・Bの魂が見てるぞ』講談社、1978 のち文庫、集英社文庫 『サウスポー魂 小説・江夏豊投手』講談社 1981 のち文庫 『タ・オ・ル』講談社 1984 『女神がくれた八秒』集英社文庫 『プロゴルファー落第記』徳間文庫 1984 『監督と野郎ども』トクマ・ノベルズ 1984 のち集英社文庫、『ラストボール伝説』恒文社21、 『パパ、野球場に連れてってよ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

川上 健一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

翼はいつまでも (集英社文庫)



集英社 2014-07-11
【第17回坪田譲治文学賞受賞作】青森県の中学三年生、神山は補欠の野球部員、平凡な生徒だ。ある日、米軍放送で聴いたビートルズの「プリーズ・プリーズ・ミー」が彼を変えた。聞き覚えてクラスで歌い、彼はクラス

翼はいつまでも



集英社

雨鱒の川 (集英社文庫)



集英社 2013-07-25
東北のとある寒村。母親・ヒデと二人暮らしの小学三年生の心平は、川で魚を捕ることと絵を描くことにしか興味がない。そんな心平には心の通い合う少女・小百合がいた。心平の絵が国際的な児童画展に入選し、祝賀会の

雨鱒の川



集英社

四月になれば彼女は



実業之日本社


川上 健一の著書を検索する

川上 健一の関連ニュース


川上 健一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、川上 健一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「川上 健一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.