川上 未映子

(カワカミ・ミエコ)
川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 - )は、日本の小説家、詩人、ミュージシャン、女優。音楽活動時は未映子(みえこ)名義も使用する。血液型はB型。 大阪府大阪市城東区に生まれる。大阪市立すみれ小学校、大阪市立菫中学校、大阪市立工芸高等学校卒業。昼間は本屋でアルバイトをしながらバンド活動、夜は北新地の高級クラブでホステスをし、その稼ぎは、弟への仕送りと自分の学費に。日本大学通信教育部文理学部哲学科に在学中。 2002年、ビクターエンタテインメントより川上三枝子名義でデビュー、アルバム『うちにかえろう~Free Flowers~』を発表。その後、「未映子」と改名し音楽活動を行う。2004年にアルバム『夢みる機械』を発表。2005年にセルフプロデュースアルバム『頭の中と世界の結婚』を発売。同年に文芸雑誌『ユリイカ』に自ら電話をかけて詩の掲載を希望するが、投稿を促される。しかし誌面のデザイン、文字組のイメージが作風と異なるためにそれを断る。その後「文化系女子特集」にて「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」が初掲載される。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第138回 芥川賞 / 第49回 谷崎潤一郎賞

川上 未映子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―



新潮社 2017-04-27
『騎士団長殺し』誕生秘話、少年期の記憶、フェミニズム、世界的名声、そして死後のこと……。芥川賞作家にして、10代からの熱心な愛読者が、村上春樹のすべてを訊き尽くす。誰もが知りたくて訊けなかった創作の源

きみは赤ちゃん (文春文庫)



文藝春秋 2017-05-10

きみは赤ちゃん



文藝春秋

きみは赤ちゃん



文藝春秋 2014-09-26
35歳ではじめての出産。それは試練の始まりだった! 芥川賞作家の川上未映子さんは、2011年にやはり芥川賞作家の阿部和重さんと結婚、翌年、男児を出産しました。つわり、マタニティー・ブルー、出生前検査を

乳と卵(らん) (文春文庫)



文藝春秋 2010-09-03

乳と卵



文藝春秋 2014-09-26
2008年の第138回芥川賞受賞作! 娘の緑子を連れて大阪から上京してきた姉でホステスの巻子。巻子は豊胸手術を受けることに取りつかれている。緑子は言葉を発することを拒否し、ノートに言葉を書き連ねる。夏

乳と卵



文藝春秋

すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)



講談社 2014-11-14
「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う」。わたしは、人と言葉を交わしたりすることにさえ自信がもてない。誰もいない部屋で校正の仕事をする、そんな日々のなかで三束さんにであった――。芥川賞作家が

川上 未映子の著書を検索する

川上 未映子の関連ニュース


川上 未映子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、川上 未映子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「川上 未映子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.