川上 宗薫

(カワカミ・ソウクン)
川上 宗薫(かわかみ そうくん、1924年4月23日 - 1985年10月13日)は、愛媛県生まれの小説家。本名はむねしげと読み、筆名もむねしげと読ませていた時期がある。 日本基督教団メソジスト派の牧師川上平三の子として愛媛県東宇和郡宇和町卯之町(現在の西予市)に生まれる。大分県と長崎県で小学校時代を送り、1937年、鎮西学院中等部に首席入学。第七高等学校や長崎高等商業学校の入試に失敗し、1943年、西南学院に入学。1944年秋、長崎県大村の陸軍連隊に入隊。しかし肋膜炎を意図的に悪化させ、敗戦までの約1年間を入院患者として過ごす。 1945年8月9日、母と2人の妹を長崎原爆で喪う。このため父は棄教。宗薫は退院の手続きが偶然遅れたために被爆を免れた。 1946年に西南学院商科を卒業。1946年、九州大学法文学部哲学科に入学、のち英文科に転科。1947年6月に最初の妻と入籍。大学に在籍する傍ら、長崎女子商業高等学校で英語を教えて生計を立てる。1948年3月、長女が誕生。1949年12月、大学4年生の時、『西日本新聞』の懸賞論文に『文学作品を読むこととは』を応募し三等に入選、賞金1000円を獲得。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

川上 宗薫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

エロスの記憶 文藝春秋「オール讀物」官能的コレクション2014



文藝春秋 2014-05-22
小説誌の雄『オール讀物』編集部がお贈りする、文藝とエロスの豪華絢爛コラボレーション!近年オール讀物が掲載した、性とエロスの香り漂う創作や特集記事を再編集し、一冊にまとめたのがこの『エロスの

現代作家代表作シリーズ 官能の傷痕



講談社
収録作品城山三郎 うだつ 菊村到 夫と妻と女 梶山季之 教育ママ 笹沢左保 勝手すぎる構図

熟れぐあい (祥伝社文庫)



祥伝社 2015-09-24
高3の頼子と高1の由美は評判の美人姉妹。ある夜、新婚間もない兄夫婦の愛の営みを覗き見して以来、性への好奇心が疼き始め、遂には姉妹それぞれが処女喪失の日を迎える。十代の女性が初体験から肉体の悦びを知るま

肌ぐるい (祥伝社文庫)



祥伝社 2015-09-24
憧れの教師・瑞恵が本当は奔放な女性だったと知り、ショックを受ける高校三年生・大宮建春。だが、それが建春の性遍歴の始まりだった。グラマーな人妻に童貞を奪われ、やがて瑞恵とも結ばれた建春は、さらに妹の同級

川上 宗薫の著書を検索する

川上 宗薫の関連ニュース


川上 宗薫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、川上 宗薫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「川上 宗薫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.