河上 徹太郎

(カワカミ・テツタロウ)
河上 徹太郎(かわかみ てつたろう、1902年(明治35年)1月8日 - 1980年(昭和55年)9月22日)は日本の文芸評論家、音楽評論家である。日本芸術院会員、文化功労者。 小林秀雄、中原中也、大岡昇平、青山二郎、諸井三郎、吉田健一、白洲次郎たちとの親交も有名。なお夫人綾子は男爵・大鳥圭介の孫にあたる。 日本郵船の技師を父として、赴任先の長崎市に生まれる。本籍地は山口県岩国市で、河上肇は親類にあたる。河上家は江戸時代は、岩国藩士であった。 1914年(大正3年)、旧制兵庫県立第一神戸中学校を経て1916年(大正5年)、旧制東京府立第一中学校に編入学、同級に富永太郎、1年下に小林秀雄がいた。1919年(大正8年)、旧制第一高等学校文科甲類(文系の英語クラス)に入学するも1920年(大正9年)に休学しピアノを習う。1923年(大正12年)、東京帝国大学経済学部に入学。 1924年(大正13年)、『月刊楽譜』誌に音楽評論「音楽に於ける作品美と演奏美」を発表。 1926年(大正15年)、東京帝国大学経済学部卒業後、3ヶ月のみ東京帝国大学文学部美学科に在籍。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第21回 野間文芸賞

河上 徹太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

萩原朔太郎詩集 (新潮文庫)


河上 徹太郎 編集 /
新潮社

西洋音楽史 (河出文庫)


河上 徹太郎 翻訳 /
河出書房新社

西洋音楽史 (新潮文庫)


河上 徹太郎 翻訳 /
新潮社

西洋音楽史 (河出文庫)


河上徹太郎 翻訳 /
河出書房新社 2016-07-29
ギリシャ時代から二十世紀まで、雄大なる歴史を描き出した音楽史の名著。「形式」と「変容」を二大キーワードとして展開する議論は、今なお画期的かつ新鮮。クラシックファン必携の一冊。

日本のアウトサイダー



中央公論新社

日本のアウトサイダー (中公文庫)



中央公論新社 2013-03-28
中原中也、内村鑑三などの思想と行動をアウトサイダーの名のもとに解明し、近代日本におけるインサイダーとは何かを説いた名著。〈解説〉高橋英夫

河上 徹太郎の著書を検索する

河上 徹太郎の関連ニュース


河上 徹太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、河上 徹太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「河上 徹太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.