川本 隆史

(カワモト・タカシ)
川本 隆史(かわもと たかし、1951年 - )は、日本の倫理学者。専門は倫理学、社会哲学。 1951年、広島市生まれ。広島学院中学校・高等学校を卒業後、1970年に東京大学教養学部文科一類に入学。法学部から文学部に転部し、1975年、東京大学文学部倫理学科卒業。学位論文はカントの歴史哲学。1980年東京大学大学院人文科学研究科博士課程を単位取得退学。1997年、東京大学より博士(文学)の学位取得。跡見学園女子大学文学部教授、東北大学文学部教授を経て、2004年度より、東京大学大学院教育学研究科教授。日本におけるロールズ正義論研究の第一人者であり、ノーベル経済学賞を受賞したインドのアマルティア・センを、大庭健と共に日本に紹介した。近年は、「ケア」概念の再検討を行い、医療・看護・教育など諸領域を横断する倫理を探求している。 2010年11月にロールズの主著『正義論』の新訳を紀伊國屋書店から刊行。 著書 単著 『現代倫理学の冒険――社会理論のネットワーキングへ』(創文社, 1995年) 『ロールズ――正義の原理』(講談社, 1997年) 『共生から』(岩波書店、2008年) 編著 『ケアの社会倫理学――医療・看護・介護・教育をつなぐ』(有斐閣, 2005年) 共編著 (須藤訓任・水谷雅彦・鷲田清一)『マイクロ・エシックス――小銭で払う倫理学』(昭和堂, 1993年) (高橋久一郎)『応用倫理学の転換――二正面作戦のためのガイドライン』(ナカニシヤ出版, 2000年) 共訳書 アマルティア・セン『合理的な愚か者――経済学=倫理学的探究』(勁草書房, 1989年) キャロリン・マーチャント『ラディカルエコロジー――住みよい世界を求めて』(産業図書, 1994年) マイケル・ウォルツァー『解釈としての社会批判――暮らしに根ざした批判の流儀』(風行社, 1996年) ジョン・E・ローマー『分配的正義の理論――経済学と倫理学の対話』(木鐸社, 2001年) 脚注 。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

川本 隆史の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

川本 隆史の著書を検索する

川本 隆史の関連ニュース


川本 隆史のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、川本 隆史と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「川本 隆史」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.