川崎 洋

(カワサキ・ヒロシ)
川崎 洋(かわさき ひろし、1930年1月26日 - 2004年10月21日)は、日本の詩人・放送作家。東京都出身。 1944年福岡に疎開。八女高校卒、父が急死した1951年に西南学院専門学校英文科(現:西南学院大学)中退。上京後は横須賀の米軍キャンプなどに勤務した。 1948年頃より詩作を始め、1953年茨木のり子らと詩誌「櫂」を創刊。谷川俊太郎らを同人に加え、活発な詩作を展開した。その傍ら、1971年には文化放送のラジオドラマ「ジャンボ・アフリカ」の脚本で、放送作家として初めて芸術選奨文部大臣賞を受けた。1987年には詩集「ビスケットの空カン」で第17回高見順賞を、1998年には第36回藤村記念歴程賞を受賞した。1955年詩集『はくちよう』を刊行。1957年から文筆生活に入る。 日本語の美しさを表現することをライフワークとし、全国各地の方言採集にも力を注いだ。また1982年からは読売新聞紙上で「こどもの詩」の選者を務め、寄せられた詩にユーモラスであたたかな選評を加え人気を博した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

川崎 洋の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

川崎 洋の著書を検索する

川崎 洋の関連ニュース


川崎 洋のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、川崎 洋と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「川崎 洋」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.