川田 弥一郎

(カワタ・ヤイチロウ)
川田 弥一郎(かわだ やいちろう、1948年 - )は、日本の小説家。本名は田上鑛一郎。 三重県松阪市出身。名古屋大学医学部卒業。1992年『白く長い廊下』で第38回江戸川乱歩賞を受賞、乱歩賞受賞作品の中で初めての医療系ミステリー小説となった。医療系ミステリーの執筆については学歴、それに職歴は医師ということなどに影響しているといえる。 『江戸の検屍官』シリーズは高瀬理恵の作画で漫画化されている(小学館『ビッグコミック』不定期掲載)。 著作 白く長い廊下 (講談社、1993年 のち文庫) 白い狂気の島 (講談社、1993年 のち文庫) 最後の審判 (講談社ノベルス、1993年) 赤い病院の惨劇 (祥伝社、1994年) 赤い闇 女医者おげん謎解き控 (祥伝社、1994年 「闇医おげん謎解き秘帖」文庫) 死の人工呼吸 (講談社、1994年 のち文庫) 逆転検屍 女医・権葉悠海子の事件簿 (トクマノベルス、1995年) 惨劇のアテナイ (講談社、1995年) 戦慄の脳宇宙 (角川書店、1995年) ローマを殺した刺客 (徳間書店、1995年) 青い水族館の惨劇 (祥伝社、1996年) 江戸の検屍官 北町奉行所同心北沢彦太郎謎解き秘帖 (祥伝社、1997年 のち文庫) 銀簪の翳り (読売新聞社、1997年 のち中公文庫) 平安京の検屍官 検非違使・坂上元継の謎解き帖 (祥伝社、1998年) 宋の検屍官 中国法医学事件簿 (祥伝社、1999年) 江戸の検屍官 闇女 (講談社、2000年 のち文庫) 黒い嵐の惨劇 気象予報士の罠 (祥伝社、2000年) 江戸の検屍官 女地獄 (ハルキ文庫、2001年) モダン東京の検屍官 銀座カフェ女給連続怪死事件 (双葉社、2001年)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第38回 江戸川乱歩賞

川田 弥一郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

江戸の検屍官(5) (ビッグコミックススペシャル)



小学館 2017-02-17
死体は雄弁である。殺害方法を語り、動機を語る。時には真犯人をも。5集には、落雷師に偽装された殺人を推理する『天の網』、空井戸を使った殺人トリックを暴く『祟りの家』を収録。

江戸の検屍官 5 (ビッグコミックススペシャル)


川田 弥一郎 原著 /
小学館 2017-01-30

江戸の検屍官(4) (ビッグコミックススペシャル)



小学館 2014-09-01
死体は雄弁である。殺害方法を語り、動機を語る。時には真犯人をも。第4集収録の「屍に戻れ」「救死方」では、捜査方が検屍技術を駆使して営利誘拐、殴打殺人の真犯人を追う。江戸時代の科学捜査の底力を知れ!!

江戸の検屍官 2 (ビッグコミックススペシャル)


川田 弥一郎 原著 /
小学館 2011-08-30

江戸の検屍官(1) (ビッグコミックススペシャル)



小学館 2013-03-29
現代の捜査では常識ともいえる『検屍』。しかし江戸時代すでにこの考え方は実施されていた。当時、検屍のバイブルといわれた「無冤録述」という書物がある。これを片手にどんな死体であっても詳細に調べ、殺人の真相

江戸の検屍官 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)


川田 弥一郎 原著 /
小学館 2010-12-25

江戸の検屍官(3) (ビッグコミックススペシャル)



小学館 2014-06-11
あまり知られていないことだが江戸時代の捜査にも検屍はあった。これは優れた検屍技術を持つ同心・北沢が医師と人相描きとともに、死体が語る真犯人を追い詰めてゆくデテクティブストーリーである。

江戸の検屍官 4 (ビッグコミックススペシャル)


川田 弥一郎 原著 /
小学館 2014-02-28

江戸の検屍官(2) (ビッグコミックススペシャル)



小学館 2013-03-29
江戸川乱歩賞受賞の川田弥一郎の傑作小説を高瀬理恵が華麗な筆で描く、大江戸検屍推理譚第2作。どんな死体であっても詳細に調べ、死者が語る言葉に耳を傾ける北町奉行所の同心・北沢彦太郎。すぐれた検屍技術を持ち

川田 弥一郎の著書を検索する

川田 弥一郎の関連ニュース


川田 弥一郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、川田 弥一郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「川田 弥一郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.