菊村 到

(キクムラ・イタル)
菊村 到(きくむら いたる 1925年5月15日 - 1999年4月3日)は作家、小説家。神奈川県平塚市出身。本名は戸川 雄次郎(とがわ ゆうじろう)。 旧制湘南中学を経て、1944年に仙台陸軍予備士官学校へ入学。翌年卒業し秋田へ見習士官として赴任したが、そこで終戦を迎える。復員直後から早稲田大学文学部英文学科へ通い、この頃から執筆活動を始める。 1948年、大学卒業と共に読売新聞社へ入社。社会部の記者として活動する傍らで執筆活動を行うようになり、同年6月に『川の上』1949年10月に『死臭』を発表し作家としてデビュー。1954年には『受胎告知』が第32回芥川賞候補となる。 この頃までは本名で活動していたが、やがて記者活動との兼ね合いから、1955年の結婚を境に「菊村到」のペンネームで執筆を行うようになる(後述)。57年「不法所持」で文學界新人賞受賞。筆名を使ったため、芥川賞候補作家だと知られずに当選していた。 1957年の第37回芥川賞受賞を機として、10月に読売新聞社の文化部記者(当時)を退職し、以降は文筆活動に専念するようになる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第37回 芥川賞 / 第3回 文學界新人賞

菊村 到の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

首桶伝説 (光文社文庫)



光文社 1988-01-20
シナリオ作家の矢柴研一は、画家・木原登の描いた一枚の絵に、遠く記憶の底に眠っていた何かを揺さぶられた。彼は閉ざされた過去を求めて、富山県の五箇山へ……。そこで三十数年前に首桶村で起きた惨劇の輪郭が浮か

硫黄島 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2014-12-18
終戦から六年後のある日の夕方、ひとりの男が新聞社に勤める私のところに訪ねてきた。投降前に硫黄島の岩穴にうずめてきた日記を米軍当局の許可を得て掘り出せることになった。そのことを記事にしてほしいという。私

硫黄島 (角川文庫)


生頼 範義 イラスト /
角川書店

洞窟の生存者 (光文社文庫)



光文社 1985-08-15
太平洋戦争――この二度と繰り返してはならない歴史は、戦いの真の姿を眼をそらさずに見ることによって、再びその愚を冒さない抑止力につながっていくだろう。極限状況に置かれた東南アジアの戦場で、兵士たちはどの

菊村 到の著書を検索する

菊村 到の関連ニュース


菊村 到のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、菊村 到と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「菊村 到」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.