木村 荘十

(キムラ・ソジュウ)
木村 荘十(きむら そうじゅう 1897年1月12日 - 1967年5月6日)は東京府出身の作家。
牛鍋チェーン店"いろは"経営者木村荘平の妾腹の十男として、東京市深川区(現在の東京都江東区)の"いろは"第7支店に生まれる。4歳のとき実母が愛人と失踪したため、東京市浅草区(東京都台東区)吉原日本堤の"いろは"第9支店に預けられ、そこが人手に渡ると、ただちに裏の家へと預けられて育った。
慶應義塾大学中退。異母兄の第2代木村荘平と不和を生じて骨董店の店員となり、政治家の愛人と密通して共に渡満。新聞記者生活や満蒙評論社経営を経験。満洲では実母と再会し、彼女の死に水を取った。
別の女性と帰国した後、小説執筆に専念し、1932年、『血縁』でサンデー毎日大衆文芸賞を受ける。1941年、『雲南守備兵』で直木賞を受賞。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第13回 直木賞

木村 荘十の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

奴隷船



六藝社

サンデー毎日 昭和34年5月特別号 特集・苦悶するプロ野球監督 第55回大衆文芸入選発表



毎日新聞社
表紙:秋山庄太郎 挿画:小磯良平 グラビア:歌うワタシとあたし―ある双生児歌手の生活(ザ・ピーナッツ)

私は自由です (1958年)



穂高書房

奴隷船



六藝社

捕物絵師 (1948年)



誠光社

痴情 (1948年)



岡倉書房

偽装の花嫁 (1956年)



学風書院


木村 荘十の著書を検索する

木村 荘十の関連ニュース


木村 荘十のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、木村 荘十と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「木村 荘十」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.