桐野 夏生

(キリノ・ナツオ)
桐野 夏生(きりの なつお、1951年10月7日 - )は、石川県金沢市生まれの小説家。本名:橋岡まり子。別のペンネーム野原野枝実(のばら のえみ)や桐野夏子の名でロマンス小説、ジュニア小説のほか、森園みるくのレディースコミック原作も手がけている。 妊娠中に友人に誘われ、ロマンス小説を書いて応募し佳作当選。以後、小説を書くのが面白くなって書き続けたという。ミステリー小説第一作として応募した『顔に降りかかる雨』で第39回江戸川乱歩賞を受賞。ハードボイルドを得意とし、新宿歌舞伎町を舞台にした女性探偵、村野ミロのシリーズで独自の境地を開く。また、『OUT』では平凡なパート主婦の仲間が犯罪にのめりこんでいくプロセスを克明に描いて評判を呼び、日本での出版7年後に米国エドガー賞にノミネートされ、国際的にも評価が高い。代表作に『顔に降りかかる雨』(1993年)、『OUT』(1997年)、『柔らかな頬』(1999年)、『グロテスク』(2003年)、『東京島』(2008年)など。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第121回 直木賞 / 第39回 江戸川乱歩賞 / 第17回 柴田錬三郎賞 / 第44回 谷崎潤一郎賞 / 第31回 泉鏡花文学賞 / 第62回 読売文学賞小説賞

桐野 夏生の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

文藝春秋2017年6月号[雑誌]



文藝春秋 2017-05-10
月刊「文藝春秋」6月号 おもな記事【大特集】人口減少はこわくない◎江戸時代の日本に戻れ(細川護熙)◎ルポ 子どもが増えた地方の秘密 ◎座談会

夜の谷を行く



文藝春秋

猿の見る夢



講談社

デンジャラス



中央公論新社

バラカ



集英社

バラカ (集英社文芸単行本)



集英社 2016-02-26
震災のため、原発四基がすべて爆発した! 警戒区域で発見された一人の少女「バラカ」。彼女がその後の世界を変えていく存在だったとは――。ありえたかもしれない日本で――世界で蠢く男と女、その愛と憎悪。想像を

だから荒野 (文春文庫)



文藝春秋 2016-11-10


桐野 夏生の著書を検索する

桐野 夏生の関連ニュース


桐野 夏生のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、桐野 夏生と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「桐野 夏生」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.