北 夏輝

(キタ・ナツキ)
北 夏輝(きた なつき)は、日本の小説家。女性。 経歴・人物 1986年、大阪府生まれ。 奈良女子大学大学院に在籍。 2012年、奈良を舞台とした小説『恋都の狐さん』で第46回メフィスト賞を受賞、小説家デビューを果たす。 同書は発売1週間で重版が決まった。 奈良県内に6店舗を展開する啓林堂書店は、全店で同書を取り上げたブックフェアを開催した。 単著 小説 恋都の狐さん(2012年2月 講談社 / 2014年3月 講談社文庫) 美都で恋めぐり(2013年4月 講談社 / 2015年4月 講談社文庫) 狐さんの恋結び(2014年3月 講談社) 狐さんの恋活(2015年4月 講談社) テレビ出演 KBS京都「やのぱんの生活情報部」(2012年5月17日 19:00 - ) 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第46回 メフィスト賞

北 夏輝の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

恋都の狐さん (講談社文庫)



講談社 2014-03-14

恋都の狐さん (講談社文庫)



講談社 2014-04-11
豆を手にすれば恋愛成就の噂がある、東大寺二月堂での節分の豆まき。奈良の女子大に通う「私」は、“20年間彼氏なし”生活からの脱却を願って、その豆まきに参加した。大混乱のなか、豆や鈴を手にするが、鈴を落と

恋都の狐さん



講談社

狐さんの恋活



講談社

狐さんの恋活 恋都の狐さん



講談社 2015-05-22
狐面に着流し姿の「狐さん」は、奈良公園で会った春菜に恋心を抱くが、春菜のメイド七瀬から「無職男性との交際など認めません!」と罵倒され、就活を決意。幼馴染みの烏からレクチャーを受ける。一方、以前、狐さん

狐さんの恋結び (講談社文庫)



講談社 2016-09-15

狐さんの恋結び 恋都の狐さん (講談社文庫)



講談社 2016-10-14
狐のお面に着流しで奈良を闊歩する不思議な青年「狐さん」は、春日大社で中学の同級生だった「烏」と再会。烏は狐の幼馴染み・揚羽(あげは)への10年越しの想いを遂げるため関西に戻ったと告げる。恋成就の協力を

美都で恋めぐり (講談社文庫)



講談社 2015-04-15

美都で恋めぐり (講談社文庫)



講談社 2015-05-08
彼氏と同じ大学を目指しながらも、受験に失敗し、従叔父(いとこおじ)のいる大阪の大学に入ることとなった友恵。挨拶へ赴くと、従叔父は「黒衣」と呼ばれ、大学教授の「殿下」、女装の大学生「サカイ」と、たこ焼き

美都で恋めぐり



講談社


北 夏輝の著書を検索する

北 夏輝の関連ニュース


北 夏輝のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、北 夏輝と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「北 夏輝」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.