北畠 八穂

(キタバタケ・ヤオ)
北畠 八穂(きたばたけ やお 1903年(明治36年)10月5日 - 1982年(昭和57年)3月18日)は青森県出身の作家、児童文学者、詩人。本名、北畠美代。 来歴・人物 10人きょうだいの6番目の次女として青森市に生まれる。父は青森大林区署の役人。 1920年(大正9年)、青森県立青森高等女学校(現在の青森県立青森高等学校)在学中、『主婦の友』『婦人倶楽部』に投稿して入選を果たす。1922年、高等女学校卒業後に上京し、実践女学校高等女学部国文専攻科に入学したが、脊椎カリエスを病んだため1年半で中退し、青森に帰郷。 恢復後、1924年(大正13年)から青森県内の複数の尋常小学校に代用教員として勤務。しかし脊椎カリエスが再発したため、1926年(大正15年)に退職。病気療養中、『改造』に投稿したことが契機となり、同誌編集者の深田久弥と恋に落ちる。 1929年(昭和4年)に上京し、千葉県我孫子や東京市本所区で深田と同棲。しかし、八穂の健康状態を理由に深田の父に反対されたため、入籍は叶わなかった。 八穂は文才豊かだったが、標準語で文章を書くことに困難があり、また自分が寝たきりであることに関して深田に負い目があったため、夫を蔭から支える形で深田に自らの原稿を提供した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第10回 野間児童文芸賞

北畠 八穂の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

透きとおった人々 (1980年)



東京新聞出版局

御伽草子 (昭和40年) (古典文学全集〈13〉)


北畠 八穂 編集 /
ポプラ社

CD付 母と子の音楽図書館 3 ベートーベン


斎藤 壮一 イラスト /
音楽之友社

東宮妃 (1966年)



文治堂書店

津軽野の雪 (1982年)



朝日新聞社


北畠 八穂の著書を検索する

北畠 八穂の関連ニュース


北畠 八穂のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、北畠 八穂と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「北畠 八穂」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.