北原 亞以子

(キタハラアイコ)
北原 亞以子(きたはら あいこ・本名:高野美枝、1938年1月20日 - 2013年3月12日)は、日本の小説家。 東京・新橋の家具職人の家に生まれる。千葉県立千葉第二高等学校卒業。高校のころから小説家を希望し、石油会社OLをしながら書き続ける。 28歳の時に同人誌「文藝首都」の同人への推薦人のつてが無く購読と批評提出のできる会員となり、処女作を提出するが酷評されショックを受けて会員をやめる。1968年、同人誌「文学地帯」の同人となる。翌1969年、同誌に発表した『ママは知らなかったのよ』で第1回新潮新人賞を受賞。同年、『粉雪舞う』が司馬遼太郎に賞され、第12回小説現代新人賞佳作を受賞。 以後は、勤務先を変えつつ、年1、2回「小説現代」や「小説新潮」に短篇を発表するが、書いても書いても多くはボツになり、まったく評価されないどん底を味わう。 しかし、写真スタジオに事務員として勤務していた40才のとき誘われ、もう一つの憧れだったコピーライターとして広告制作会社に入社して、生活が安定してから、時代小説に本格的に分野を移し、作家として再デビューして、1988年単行本『小説春日局』、『歳三からの伝言』を初めて出版する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第109回 直木賞 / 第39回 吉川英治文学賞 / 第17回 泉鏡花文学賞

北原 亞以子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

雨の底―慶次郎縁側日記―(新潮文庫)



新潮社 2017-03-24
不意にさしかけられた傘の下で、男の優しさにずっと浸っていたかった――。大店の跡取り息子に尽くし抜いて捨てられた長屋娘と、娘の悲しみを見つめるもうひとりの男の目。男女のやるせなさに心震える「雨の底」。密

初しぐれ (文春文庫)



文藝春秋 2016-06-10

初しぐれ (文春文庫)



文藝春秋 2016-07-15
書籍未収録の六篇を収めたファン必読の一冊夫に先立たれた女の胸に去来する、若き日に泣く泣く別れた男の面影(表題作)。凶作続きで餓死者も出ている甲州の村。百姓代の決断は(「犬目の兵

たからもの 深川澪通り木戸番小屋 (講談社文庫)



講談社 2015-11-13
江戸・深川澪通りの木戸番小屋に住まう夫婦、笑兵衛とお捨。二人のもとには、困難な人生に苦しみ、挫けそうな心を抱えた人々が日々、訪れる。傷ついた心にそっと寄り添い、ふんわりと包み込む。その温かさに癒され、

龍馬の生きざま (実業之日本社文庫)


末國善己 編集 /
実業之日本社 2017-02-03


北原 亞以子の著書を検索する

北原 亞以子の関連ニュース


北原 亞以子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、北原 亞以子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「北原 亞以子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.