小林 秀雄

(コバヤシ・ヒデオ)
小林 秀雄(こばやし ひでお) 小林秀雄 (批評家)(1902年 - 1983年) 小林秀雄 (神戸電鉄社長)(1902年 - 1977年) - 神戸電鉄第9代社長。神戸北野の異人館、小林家住宅(旧シャープ住宅)の所有者。 小林秀雄 (緑地社社長)(1918年 - 1985年) 小林秀雄 (作曲家)(1931年 -) 小林秀雄 (ジャーナリスト)(1953年 -) - ITジャーナリスト、フリーライター。「月刊コンピュートピア」元編集長。 小林秀雄 (コピーライター)(1963年 - ) - コピーライター。おてもやん企画社長。代表作はTBCのテレビCM「私、脱いでもすごいんです」。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第11回 野間文芸賞

小林 秀雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

人間の建設



新潮社 2013-05-03
有り体にいえば雑談である。しかし並の雑談ではない。文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談である。学問、芸術、酒、現代数学、アインシュタイン、俳句、素読、本居宣長、ドストエフスキー、ゴ

考えるヒント



文藝春秋 2012-09-20
「常識を守ることは難かしいのである。文明が、やたらに専門家を要求しているからだ。私達常識人は、専門的知識に、おどかされ通しで、気が弱くなっている。私のように、常識の健全性を、専門家に確めてもらうという

モオツァルト・無常という事



新潮社 2013-05-03
小林批評美学の集大成であり、批評という形式にひそむあらゆる可能性を提示する「モオツァルト」、自らの宿命のかなしい主調音を奏でて近代日本の散文中最高の達成をなした戦時中の連作「無常という事」など6編、骨

本居宣長(上)



新潮社 2013-05-03
「とにもかくにも人は、もののあはれを知る、これ肝要なり……」。本居宣長七十二年の生涯は、終始、古典文学味読のうちに、波瀾万丈の思想劇となって完結した。伊勢松坂に温和な常識人として身を処し、古典作者との

ハイパフォーマンスの科学−トップアスリートをめざすトレーニングガイド−


野坂 和則 監修 /沼澤 秀雄 監修 /David Joyce 編集 /Daniel Lewindon 編集 /小林 敬和 翻訳 /今西 平 翻訳 /杉浦 雄策 翻訳 /塩田 徹 翻訳 /友岡 和彦 翻訳 /岡田 純一 翻訳 /豊田 裕浩 翻訳 /桜井 智野風 翻訳 /長谷川 博 翻訳 /中村 大輔 翻訳 /安松 幹展 翻訳 /
ナップ


小林 秀雄の著書を検索する

小林 秀雄の関連ニュース


小林 秀雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小林 秀雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小林 秀雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.