幸田 露伴

(コウダ・ロハン)
幸田 露伴(こうだ ろはん、1867年8月22日(慶応3年7月23日) - 1947年(昭和22年)7月30日)は、日本の小説家。本名は成行(しげゆき)。別号に蝸牛庵(かぎゅうあん)、笹のつゆ、雷音洞主、脱天子など多数。江戸(現東京都)下谷生れ。帝国学士院会員。帝国芸術院会員。第1回文化勲章受章。娘の幸田文も随筆家・小説家。高木卓の伯父。 『風流仏』で評価され、『五重塔』『運命』などの文語体作品で文壇での地位を確立。尾崎紅葉とともに紅露時代と呼ばれる時代を築いた。擬古典主義の代表的作家で、また漢文学・日本古典や諸宗教にも通じ、多くの随筆や史伝のほか、『芭蕉七部集評釈』などの古典研究などを残した。 生涯 1867年8月22日(慶応3年7月23日)、江戸下谷三枚橋横町(現・東京都台東区)に、四男として生を受ける。父は幕臣の幸田利三(成延(しげのぶ))で、母は猷(ゆう)。幸田家は江戸時代、大名の取次を職とする表御坊主衆であった。幼名は鉄四郎。 もともと病弱であり、生後27日目にして医者の世話になるなど、幼時は何度も生死の境をさまよったことがあった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第3回 野間文芸賞

幸田 露伴の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

努力論 (岩波文庫)



岩波書店

努力論 (岩波文庫)



岩波書店 2015-01-01
「努力している,もしくは努力せんとしている,ということを忘れていて,我がなせることがおのずからなる努力であってほしい」.何かをなそうとしても,ままならぬことの多いこの世の中で,いたずらに悩み苦しまずに

努力論 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ11)


夏川賀央 翻訳 /
致知出版社 2016-04-22

五重塔 (岩波文庫)



岩波書店

五重塔 [新潮CD]



新潮社

五重塔 (岩波文庫)



岩波書店 2017-01-26
技量はありながらも小才の利かぬ性格ゆえに,「のっそり」とあだ名で呼ばれる大工十兵衛.その十兵衛が,義理も人情も捨てて,谷中感応寺の五重塔建立に一身を捧げる.エゴイズムや作為を超えた魔性のものに憑かれ,

『幸田露伴全集・57作品⇒1冊』



幸田露伴全集・出版委員会 2015-04-17
「五重塔」「運命」「風流仏」。文語体の作品で文壇での地位を確立し、尾崎紅葉とともに紅露時代を築いた擬古典主義の作家、幸田露伴の「57作品」(関連作品含む)を1冊に収録。目次一覧から、目当ての作品に移動

幸田 露伴の著書を検索する

幸田 露伴の関連ニュース


幸田 露伴のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、幸田 露伴と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「幸田 露伴」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.