小檜山 博

(コヒヤマ・ハク)
小檜山 博(こひやま はく、男性、1937年4月15日 - )は、日本の小説家。本名は「博」を「ひろし」と読む。神田日勝記念美術館館長。元北海道教育大学特任教授。札幌市在住。 北海道滝上町生まれ。北海道苫小牧工業高等学校電気科卒業。高校卒業後、北海道新聞社に勤務する傍ら執筆活動を開始。「文學界」、「新潮」、「すばる」等の文芸誌にて作品を発表するほか、「北方文芸」などで同人活動を行う。 1976年に発表した『出刃』が第1回北方文芸賞を受賞し、第75回芥川賞候補となったのを皮切りに、本格的な作家活動に乗り出す。 1983年、『光る女』が第17回北海道新聞文学賞・第11回泉鏡花文学賞を受賞。 1987年、『光る女』は相米慎二によって映画化され、キネマ旬報ベストテン第9位になった。 1997年、札幌芸術賞受賞。 1998年、滝上町社会功労賞受賞。 2003年、本人の自伝に当たる『光る大雪』が第7回木山捷平文学賞を受賞。 2005年、北海道文化賞受賞。 2005年、著作「スコール」をもとにして制作された映画「恋するトマト」が大地康雄主演・製作総指揮で公開。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第11回 泉鏡花文学賞

小檜山 博の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

人生という旅 (河出文庫)



河出書房新社 2013-05-08

人生という旅 (河出文庫)



河出書房新社 2016-07-08
極寒極貧の北の原野に生れ育ち、苦悩と挫折にまみれた青春時代。見果てぬ夢に、くじけそうな心を支えてくれたのは、いつも人の優しさだった。この世に温もりがある限り、人生は光り輝く。感動のエッセイ!

人生という旅



講談社

人生讃歌 (河出文庫)



河出書房新社

人生という花



河出書房新社

人生という夢



河出書房新社

人生讃歌



河出書房新社

光る大雪



講談社

石狩川の旅



北海道新聞社


小檜山 博の著書を検索する

小檜山 博の関連ニュース


小檜山 博のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小檜山 博と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小檜山 博」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.