小島 信夫

(コジマ・ノブオ)
小島 信夫(こじま のぶお、1915年(大正4年)2月28日 - 2006年(平成18年)10月26日)は、日本の小説家・評論家。 岐阜県稲葉郡加納町(現・岐阜市加納安良町)出身。旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)、第一高等学校を経て、1941年東京帝国大学文学部英文科卒業。卒業論文は『ユーモリストとしてのサッカレイ』。 1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教え、1949年度より東京都立小石川高等学校に移る。1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授に昇格、以後1985年の定年まで勤務する傍ら旺盛な文筆活動を行った。 2006年10月26日、肺炎のため91歳で死去した。 作風 初期には、実存主義的な不安やブラックユーモアのあふれる小説を書いて、吉行淳之介、遠藤周作、安岡章太郎らと共に第三の新人と呼ばれた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第32回 芥川賞 / 第35回 野間文芸賞 / 第49回 読売文学賞小説賞 / 第1回 谷崎潤一郎賞

小島 信夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

アメリカン・スクール(新潮文庫)



新潮社 2014-10-31
占領下の時代に、アメリカ人の学校を参観しに出かけた日本の中学校教員の、貧しく、それゆえにも滑稽な姿を描いて、芥川賞を受賞した「アメリカン・スクール」。ほかに、現代の複雑な世相を、批評精神に貫かれた知的

抱擁家族 (講談社文芸文庫)


大橋 健三郎 解説 /
講談社
   大学講師の夫は、家政婦の口から、自宅に遊びに来るアメリカ兵と妻とが情事を重ねているとの事実を聞き、ひどく動揺する。彼は、なんとか妻との関係を回復させようと、突然子供たちと家の雑巾がけを始めてみた

抱擁家族 (講談社文庫)



講談社
   大学講師の夫は、家政婦の口から、自宅に遊びに来るアメリカ兵と妻とが情事を重ねているとの事実を聞き、ひどく動揺する。彼は、なんとか妻との関係を回復させようと、突然子供たちと家の雑巾がけを始めてみた

抱擁家族



講談社
   大学講師の夫は、家政婦の口から、自宅に遊びに来るアメリカ兵と妻とが情事を重ねているとの事実を聞き、ひどく動揺する。彼は、なんとか妻との関係を回復させようと、突然子供たちと家の雑巾がけを始めてみた

ワインズバーグ・オハイオ (講談社文芸文庫)


小島 信夫 翻訳 /浜本 武雄 翻訳 /
講談社

島 (集英社文庫)



集英社

うるわしき日々



読売新聞社

人間喜劇 (ベスト版 文学のおくりもの)


William Saroyan 原著 /小島 信夫 翻訳 /
晶文社


小島 信夫の著書を検索する

小島 信夫の関連ニュース


小島 信夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小島 信夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小島 信夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.