今 日出海

(コン・ヒデミ)
今 日出海(こん ひでみ、1903年(明治36年)11月6日 - 1984年(昭和59年)7月30日)は日本の小説家、評論家、舞台演出家。初代文化庁長官を務めた。 北海道函館(現在の函館市)に生まれた。三人兄弟の末子で、長兄は小説家で天台宗僧侶の今東光である。 日本郵船の船長であった父武平の転勤により、1911年(明治44年)に神戸市の小学校へ入り、1917年(大正6年)神戸一中へ進んだが、病気休学し、翌年東京の暁星中学へ移った。1922年(大正11年)、五年制中学の四年修了で旧制浦和高校に合格した。 1925年(大正14年)、東京帝国大学仏蘭西文学科へ入学し、辰野隆・鈴木信太郎らに学んだ。同期に小林秀雄・三好達治・中島健蔵らが、一年下に佐藤正彰・武田麟太郎らがいた。 1924年(大正13年)に開場した築地小劇場を観て演劇に熱中し、1925年に村山知義・河原崎長十郎・市川団次郎・池谷信三郎らが結成した劇団『心座』の演出に加わった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第23回 直木賞

今 日出海の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

地の糧 改版 (新潮文庫 赤 45-E)


今 日出海 翻訳 /
新潮社
文庫。中古です。年相応。シミヤケ有。当時定価160円の品。商品カバーとイメージ画像とに相違がある場合がございます。稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方お

アンドレ・ジイド全集〈第2巻〉地の糧・新しき糧 (1950年)


今 日出海 翻訳 /堀口 大学 翻訳 /小林 秀雄 翻訳 /
新潮社

私の人物案内 (中公文庫)



中央公論社

私の人物案内 (中公文庫)



中央公論新社

天皇の帽子 (1950年)



ジープ社

地の糧 (1952年) (新潮文庫〈第344〉)


今 日出海 翻訳 /
新潮社

海賊 (1966年)



毎日新聞社


今 日出海の著書を検索する

今 日出海の関連ニュース


今 日出海のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、今 日出海と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「今 日出海」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.