今 官一

(コン・カンイチ)
今 官一(こん かんいち、1909年(明治42年)12月8日 - 1983年(昭和58年)3月1日)は、日本の小説家。 青森県弘前市西茂森町に藤田三次郎(藤田匡の一族)の孫、今宮吾の三男として生まれる。東奥義塾の学生時代1926年(昭和2年)に中田重治より洗礼を受ける。 早稲田大学露文科中退。同郷出身の太宰治と親しく、桜桃忌の名は今によって名付けられた。1956年(昭和31年)、『壁の花』で第三十五回直木賞を受賞。 作品 海鴎の章 竹村書房 1940 竜の章 チクマ書房 1941 『幻花行』文潮社 1949 文学のふるさと(編)毎日新聞社 1954 『壁の花』芸術社 1956 第13号桟橋 芸術社 1957 『詩人福士幸次郎』弥生書房 1957 赤穂義士物語 集英社 1957 (少年少女物語文庫) 隅田川のMississippi stylus詩鈔 今官一詩集 木曜書房 1957 (リベルタン叢書) 風流博物誌 荒地出版社 1959 角瓶の中の処女 竜書房 1959 牛飼いの座 講談社 1961 にっぽん好色美女伝 SF講談 一水社 1965 (かもめ新書) 太宰治 上 鶴書房 1968 (青春の伝記) KONKANの津軽ぶし 津軽書房 1969 『不沈 戦艦・長門』R出版 1972 (海の戦記) エリアの民芸品・津軽の美 緑の笛豆本の会 1974.7 今官一作品集 1 『巨いなる樹々の落葉』津軽書房 1976 今官一作品 津軽書房 1980.8 想い出す人々 津軽書房 1983.7 わが友太宰治 津軽書房 1992.6 パパおうちが燃えてるのよォ 緑の笛豆本の会 1996 (緑の笛豆本) 銀簪・海の百合 今官一選集 津軽書房 2006.12 参考文献 秋山昇「今官一 -故郷・津軽の風土と群像」『近代日本のキリスト者たち』パピルスあい、2006年 関連人物 太宰治 福士幸次郎 横光利一 中山省三郎。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第35回 直木賞

今 官一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

風流博物誌



津軽書房

今官一作品 2冊 (1980年)


小山内 時雄 編集 /
津軽書房

風流博物誌 (1959年)



荒地出版社

想い出す人々 (1983年)



津軽書房

想い出す人々



津軽書房

わが友 太宰治



津軽書房

民話のふるさと (昭和33年) (日本児童文庫〈59〉)



アルス日本児童文庫刊行会


今 官一の著書を検索する

今 官一の関連ニュース


今 官一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、今 官一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「今 官一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.