河野 多惠子

(コウノ・タエコ)
河野 多惠子(こうの たえこ、1926年(大正15年)4月30日 - 2015年(平成27年)1月29日)は、日本の小説家。勲三等瑞宝章、文化勲章受章。 来歴・人物 大阪府生まれ。西道頓堀の椎茸問屋の娘。旧制大阪府女子専門学校(新制大阪女子大学の前身、現大阪府立大学)卒業。1950年、丹羽文雄主宰の『文学者』同人となる。1961年『幼児狩り』で注目され、1963年『蟹』で芥川賞を受賞する。1989年、日本芸術院会員。大庭みな子と共に女性初の芥川賞選考委員となり、2007年まで務めた。 谷崎潤一郎の衣鉢を継ぎ、マゾヒズム、異常性愛などを主題とする。また『谷崎文学と肯定の欲望』(1976)で読売文学賞を受賞するなど谷崎の読み手としても知られ、『谷崎文学の愉しみ』などの評論を書き継ぐほか谷崎潤一郎賞選考委員を務めた経験もある。また平林たい子を高く評価し、平林たい子記念会理事長を務めた。 夫は洋画家の市川泰(1925 - 2012)。 最晩年の谷崎が文京区関口台アパートという高級マンションに住んでいた時、瀬戸内晴美が同じ階にいたので河野が来て、これが谷崎先生の部屋だと教えられてドアに口づけしたら、部屋を間違えていたなどということもあった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第49回 芥川賞 / 第44回 野間文芸賞 / 第20回 読売文学賞小説賞 / 第16回 谷崎潤一郎賞

河野 多惠子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

大阪文学名作選 (講談社文芸文庫)


富岡 多惠子 編集 /
講談社

逆事(さかごと)



新潮社

逆事



新潮社 2011-11-25
人の生死は潮の満ち引きに同調すると、子ども時分に聞かされた。引き潮どきに逝った谷崎潤一郎。いわれに逆らうように「満ち潮どき」の死を択んだ三島由紀夫。相次いで逝った父と母、戦没した息子を思いつづけた伯母

P+D BOOKS 幼児狩り・蟹



小学館 2017-03-10
中年女性の屈折した心理を描く「蟹」他6篇。外房海岸を舞台に、小学一年生の甥と蟹を探し求めて波打ち際で戯れる中年女性の屈折した心理を描き、第49回芥川賞を受賞した「蟹」。

考えられないこと



新潮社 2015-12-04
大阪大空襲で生家が焼けたことも知らず、終戦から半年後に復員してきた兄。混みあった電車のなかで、「君、結婚は?」と声をかけてきた兄の友人は、すでに戦死していた。誰にも言うなよと言って聞かされたその話を、

考えられないこと



新潮社

文学問答



文藝春秋

寂聴まんだら対談



講談社


河野 多惠子の著書を検索する

河野 多惠子の関連ニュース


河野 多惠子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、河野 多惠子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「河野 多惠子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.