小山 いと子

(コヤマ・イトコ)
小山 いと子(こやま いとこ、1901年7月13日 - 1989年7月25日)は日本の作家。高知県長岡郡大篠村(現・南国市)篠原出身。出生名は池本 イト、結婚後は小山 イト。「執行猶予」で第23回直木三十五賞を受賞した。『読売新聞』紙上の人生相談「人生案内」回答者を務め、皇太子妃美智子に関する小説連載中止騒動に巻き込まれたことでも知られる。 九州高等女学校を卒業。在学中に歌人の橋田東聲の門下生となる。1920年(大正9年)、19歳で父親により結婚を強要されるが、相手を好きになれず、男性に対する反逆心を持ち始める。橋田の主宰する短歌雑誌『覇王樹』グループの一人で妻子ある島根県警察特高課の男性と恋愛をし、後年その経験を自伝的小説『海は満つることなし』に書いた。1928年からは『火の鳥』同人となる。1941年(昭和16年)、40歳で離婚。戦争中の従軍をはさんで1945年(昭和20年)に同じ男性と再婚するが、1954年(昭和29年)ふたたび離婚した。 処女作は1933年の小説「海門橋」で、『婦人公論』の懸賞に当選した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第23回 直木賞

小山 いと子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

(094)銀 (百年文庫)



ポプラ社

皇后さま



主婦の友社

Fのロマンス (1948年)



西部図書

高野 (1948年)



中央公論社

執行猶予 (1951年)



早川書房

誕生石 (1954年)



朝日新聞社

女ざかり (1955年)



山田書店

薔薇いくたびか (1955年)



主婦之友社


小山 いと子の著書を検索する

小山 いと子の関連ニュース


小山 いと子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小山 いと子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小山 いと子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.