九条 兼実

(クジョウ・カネザネ)
九条 兼実(くじょう かねざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の公卿。従一位・摂政・関白・太政大臣。月輪殿、後法性寺殿とも呼ばれる。通称は後法性寺関白(ごほっしょうじ かんぱく)。 五摂家の一つ、九条家の祖であり、かつその九条家から枝分かれした一条家と二条家の祖でもある。五摂家のうちこの3家を九条流という。 摂政・関白藤原忠通の六男。母は、家女房で太皇太后宮大進・藤原仲光の娘・加賀。同母兄弟4人の中の長子である。同母弟には、太政大臣となった藤原兼房、天台座主となった慈円などが、また異母兄には近衛基実、松殿基房が、異母弟には興福寺別当となった信円らがいる。 兼実が40年間書き綴った日記『玉葉』は、当時の状況を知る上での一級史料となっている。 生涯 有職の公卿 久安5年(1149年)、摂政・藤原忠通の六男として生まれる。母の身分は低かったが、異母姉である皇嘉門院の猶子となり(『兵範記』保元元年正月4日条)、保元3年(1158年)には兄・基実の猶子の資格で元服、正五位下に叙せられ、左近衛権中将に任ぜられる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

九条 兼実の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

九条 兼実の著書を検索する

九条 兼実の関連ニュース


九条 兼実のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、九条 兼実と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「九条 兼実」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.