熊谷 達也

(クマガイタツヤ)
熊谷 達也(くまがい たつや、1958年4月25日 - )は、日本の小説家。東京電機大学卒業。 来歴・人物 宮城県仙台市出身。宮城県佐沼高等学校、東京電機大学理工学部数理学科卒。卒業後、埼玉県と宮城県気仙沼中学校で公立中学校の数学教諭を8年間勤める。その後、宮城県に帰り、保険代理店業を経て1997年『ウエンカムイの爪』で作家としてデビューする。2011年震災当時も2013年現在も仙台市在住。 2004年、『相剋の森』から始まり『氷結の森』で終わるマタギ3部作の第2作『邂逅の森』で、初の山本周五郎賞と直木賞のダブル受賞を果たす。 『荒蝦夷』や『迎え火の山』など東北地方や北海道の民俗・文化・風土に根ざした作風で知られる。 プライベートでは外国製のオートバイをこよなく愛することで知られる。 文学だけでなくK'zというロックバンドでギターを弾くなどミュージシャンとしての一面も持つ。 盗作事件について 小説すばる2007年12月号に発表した「聖戦士の谷」において、アフガニスタンなどの紛争地取材で活躍するフォトジャーナリスト、長倉洋海の著書から表現などを無断で使用するという剽窃行為を行った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第17回 山本周五郎賞

熊谷 達也の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

熊谷 達也の著書を検索する

熊谷 達也の関連ニュース


熊谷 達也のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、熊谷 達也と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「熊谷 達也」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.