熊沢 蕃山

(クマザワ・バンザン)
熊沢 蕃山(くまざわ ばんざん、元和5年(1619年) - 元禄4年8月17日(1691年9月9日))は江戸時代初期の陽明学者である。諱は伯継(しげつぐ)、字は了介(一説には良介)、通称は次郎八、後助右衛門と改む、蕃山と号し、又息遊軒と号した。 生涯 生い立ち 京都稲荷(現・京都府京都市下京区)の浪人であった父・野尻藤兵衛一利と母・亀女の6人兄弟の長男として生まれる。幼名は左七郎。8歳の時、母方の祖父、熊沢守久の養子となり熊沢姓を名乗ることとなった。 藤樹門下 寛永11年(1634年)池田輝政の女婿であった丹後国宮津藩主京極高広の紹介で、輝政の孫である備前国岡山藩主池田光政の児小姓役として出仕する。寛永14年(1637年)島原の乱に参陣することを願い出たが受け入れられず、一旦は池田家を離れ、近江国桐原(現・滋賀県近江八幡市)の祖父の家へ戻る。寛永19年(1642年)伊予国大洲藩を致仕し郷里の近江国小川村(現・滋賀県高島市)に帰郷していた中江藤樹の門下に入り陽明学を学ぶ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

熊沢 蕃山の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

日本の名著 (11) 中江藤樹・熊沢蕃山 (中公バックス)


伊東 多三郎 編さん /
中央公論社

日本の名著 11 中江藤樹/熊沢蕃山


伊東 多三郎 編さん /
中央公論新社

自筆本 三輪物語



大神神社


熊沢 蕃山の著書を検索する

熊沢 蕃山の関連ニュース


熊沢 蕃山のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、熊沢 蕃山と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「熊沢 蕃山」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.