国松 俊英

(クニマツ・トシヒデ)
国松 俊英(くにまつ としひで、1940年 - )は、児童文学作家。 来歴・人物 滋賀県守山市生まれ。滋賀県立八幡商業高等学校、同志社大学商学部を卒業後、上京して児童文学同人誌「ピノキオ」に加わり、童話創作を始める。砂田弘に師事し、1979年より文筆生活に入る。古田足日児童文学塾で学ぶ。 日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、日本野鳥の会、宮沢賢治学会会員。 童話や児童小説を書く一方、ノンフィクション文学の世界で新しい分野を切り開いて活躍している。1996年に発表した「宮沢賢治鳥の世界」では、賢治の童話や詩に登場する鳥類を解析し、これまで誰も書かなかった賢治文学の魅力を明らかにした。また96年出版の「鳥を描き続けた男 ―鳥類画家・小林重三」では、博物画家として大きな仕事を世に残した動物画家・小林重三の生涯と仕事を発掘して注目を集めた。 近年では、野鳥や自然を題材にしたノンフィクション、人物のノンフィクションを多く発表している。鳥と人間の関わりに深い関心を持ち、古代から現代までの鳥の文化史の研究と調査を熱心に行っている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

国松 俊英の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

よだかの星 (宮沢賢治かみしばいの森)


篠崎 三朗 イラスト /
童心社

宮沢賢治の鳥


舘野 鴻 イラスト /
岩崎書店

暗闇のゲームセンター (平成うわさの怪談25)


木暮 正夫 編集 /国松 俊英 編集 /山本 孝 イラスト /
岩崎書店

わざわざことわざことわざ事典(全4巻)


たかい よしかず イラスト /
童心社
絵でわかる、読んで楽しい、ことわざの本決定版!この本を読めばきみもことわざ博士!漢字が苦手な子も読みやすい総ルビ。イラストは「怪談レストラン」のたかいよしかずさん。おも

国松 俊英の著書を検索する

国松 俊英の関連ニュース


国松 俊英のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、国松 俊英と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「国松 俊英」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.