久野 収

(クノ・オサム)
久野 収(くの おさむ、1910年6月10日 - 1999年2月9日)は、日本の哲学者・評論家。 体系だった著作や、いわゆる「主著」と呼ばれるものがないものの、多くの評論や対談などを通じて、戦後日本の政治思想や社会思想に大きな影響を与えた。また、「戦後民主主義」の形成に寄与した人物の一人である。 久野を理解するキーワードは「市民」であると言われている。 大阪府堺市生まれ。1934年京都帝国大学文学部哲学科卒業。京都帝国大学在学中の1933年、学生の立場で「滝川事件」にかかわる。 大学卒業後、中井正一らと共に1935年に雑誌『世界文化』、1936年から隔週刊新聞『土曜日』と、マルクス主義とは一線を引いた、軍国主義反対のメディアを刊行。久野は一時期、中井正一宅の居候をしていて、先輩の中井を支えた。だが、1937年に治安維持法違反とされ逮捕された(1939年に釈放)。 戦後は、思想の科学研究会の主要メンバーとなり、60年安保反対闘争、ベ平連などの思想的指導者として活動。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

久野 収の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

現代日本の思想―その五つの渦 (岩波新書 青版 257)



岩波書店
表紙カバーに小キズ、上部にヨレあります。中ページ、使用感少なく状態は良好です。★ご注文確定後、迅速に発送いたします。

戦後日本の思想



勁草書房

思想の科学事典 (1969年)


久野 収 編集 /鶴見 俊輔 編集 /
勁草書房

歴史主義の貧困―社会科学の方法と実践 (1961年)


久野 収 翻訳 /市井 三郎 翻訳 /
中央公論社


久野 収の著書を検索する

久野 収の関連ニュース


久野 収のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、久野 収と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「久野 収」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.