倉橋 由美子

(クラハシ・ユミコ)
倉橋 由美子(くらはし ゆみこ、1935年(昭和10年)10月10日 - 2005年(平成17年)6月10日)は、日本の小説家。本名・熊谷(くまがい)由美子、旧姓・倉橋。『パルタイ』、『スミヤキストQの冒険』など初期の作品では戯画・風刺的な傾向が見られる一方、後期では『よもつひらさか往還』など幻想的、作品によってはSF的な要素が多い。 高知県香美郡土佐山田町(現香美市)に歯科医の長女として生まれる。私立土佐高等学校を経て、精神科医を志し公立医学部を受験するが失敗。母は浪人に反対するので京都女子大学国文学学科に籍を置く。医学部を再度受験するが失敗。これ以上の浪人は許されず、日本女子衛生短期大学別科歯科衛生コースに入学。上京し、大学構内の寮に入る。6畳に4人の生活であった。大学を卒業、歯科衛生士国家試験に合格する。その後、歯科衛生士としてアルバイトしながら東京に留まり、明治大学文学部文学科仏文学専攻に入学して斎藤正直の指導を受け、中村光夫に学んだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第15回 泉鏡花文学賞

倉橋 由美子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

新装 ぼくを探しに


Shel Silverstein 原著 /倉橋 由美子 翻訳 /
講談社

続ぼくを探しに ビッグ・オーとの出会い


倉橋 由美子 翻訳 /Shel Silverstein 原著 /
講談社

新訳 星の王子さま


倉橋 由美子 翻訳 /
宝島社

新訳 星の王子さま (宝島社文庫)

¥514
Antoine de Saint‐Exup´ery 原著 /倉橋 由美子 翻訳 /
宝島社

偏愛文学館  



講談社

暗い旅 (河出文庫)



河出書房新社

暗い旅(新潮文庫)



新潮社 2016-06-03
他者との自由な関係を認めあった恋の、突然の破綻――“かれ”の失踪。“かれ”を捜しに暗い旅へと出発した“あなた”の心は、失われた愛を求めて過去へ内部世界へと退行してゆく。だが、絶望は次第にイマジネールな

偏愛文学館 (講談社文庫)



講談社 2014-07-11
夏目漱石、吉田健一、宮部みゆき、ジュリアン・グラック、ラヴゼイ……。古今東西様々なジャンルの「本」39冊を独自の視点観点で紹介する。ブックガイドとしてだけでなく、『大人のための残酷童話』『パルタイ』と

倉橋 由美子の著書を検索する

倉橋 由美子の関連ニュース


倉橋 由美子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、倉橋 由美子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「倉橋 由美子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.