倉阪 鬼一郎

(クラサカ・キイチロウ)
倉阪 鬼一郎(くらさか きいちろう、1960年1月28日 – )は、小説家、評論家、俳人、翻訳家。三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。三重県立上野高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。早稲田大学大学院日本文学専攻中退。環境経済学者の倉阪秀史は実弟。名字を「倉坂」と誤記されることが多い。 早稲田大学時代は「幻想文学会」に所属し、東雅夫、浅羽通明らと知り合う。東がのちに創刊した雑誌『幻想文学』には、レビュー等を大量に寄稿する。 大学事務員として就職したもののフリーライターを志望して退職する。しかし生計が成り立たず印刷会社に入社、文字校正係として11年間勤務の後、退職。校正者としては有能であったが、会社では浮いた存在であり、無意味な集団活動等には参加せず(末期には、病死した直属上司の通夜への顔出しさえ断っている)、また、顧客からの理不尽な要求に逆上することも多かった。この11年間の経験は、のちに『活字狂想曲』として出版されている。これは後日の回想ではなく、勤務と平行してひそかに同人誌に連載していたものに注記を加えたものだが、一方的な会社批判に終始せず、異分子としての自己をも、かなり客観的に描いている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

倉阪 鬼一郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ほまれの指 小料理のどか屋 人情帖 : 17 (二見時代小説文庫)



二見書房 2017-05-01
親が子の跡を継ぐ!? 何かを始めるのに遅すぎることはない!女房子供を捨てて出奔した浮世絵版木彫りの名人。江戸に戻って目にしたのは、大工修業中の息子

猫俳句パラダイス (幻冬舎新書)



幻冬舎 2017-01-27
愛らしい姿に「この美しい生き物がそばにいることの奇蹟と幸福」をしみじみ感じることはありませんか。ときに猫は人生の何よりのなぐさめになります。かわいい猫をバッグに忍ばせ、どこへでも連れて行くことができた

クトゥルー短編集 魔界への入口 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)


倉阪鬼一郎 イラスト /しわすだひより イラスト /
創土社


倉阪 鬼一郎の著書を検索する

倉阪 鬼一郎の関連ニュース


倉阪 鬼一郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、倉阪 鬼一郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「倉阪 鬼一郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.