栗本 薫

(クリモト・カオル)
栗本 薫(くりもと かおる、1953年2月13日 - 2009年5月26日)は、日本の女性小説家、評論家。日本SF作家クラブ会員、日本推理作家協会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会員、日中文化交流協会員。 代表作は『グイン・サーガ』、『魔界水滸伝』、『伊集院大介』シリーズなど。『グイン・サーガ』は序盤が英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、韓国語に翻訳されている。 また、中島 梓(なかじま あずさ)名義で、評論活動や作詞作曲、ピアノ演奏、ミュージカルの脚本・演出なども手がけた。本名は今岡 純代、旧姓は山田。夫は『S-Fマガジン』第6代編集長を務め、天狼プロダクションを経営する今岡清。母方の又従兄弟(祖父の姉の孫)に 梶原一明(経済評論家)がいる。 年譜 1953年(昭和28年)2月13日 - 東京都葛飾区生まれ。父は愛知県名古屋市、母は東京都谷中の出身。裕福な家庭であった。 1971年(昭和46年)3月 - 跡見学園高等学校卒業。 1971年(昭和46年)4月 - 早稲田大学第一文学部入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第24回 江戸川乱歩賞 / 第2回 吉川英治文学新人賞

栗本 薫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

グイン・サーガ1 豹頭の仮面



早川書房 2012-08-01
中原の由緒正しき王国パロは、新興モンゴールの侵略の前に一夜にして滅び去った。王家の血をひくリンダとレムスの双子の姉弟は、ある力によって妖魔の跳梁する辺境の森に逃れた。だが追手の厳しい追及は、たちまち3

猫目石(上)<猫目石> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2016-02-19
SF作家にして名探偵の栗本薫クンは逗留先の軽井沢で、女流作家・藤波武子女史からアイドル歌手・朝吹麻衣子を紹介され、すっかり心を奪われてしまう。その夜から藤波女史の別荘に泊ることになった薫クンは、麻衣子

P+D BOOKS 魔界水滸伝 1



小学館 2015-05-25
壮大なスケールで描く超伝奇シリーズ第1弾。 原初の太古の暗黒と混沌、すべてがぬめぬめと、泥濘と暗黒の中で、うごめき、蝕みあっていた。からだが溶けるといううめき声、“目覚めよ、古の者の裔

グイン・サーガ25 パロのワルツ



早川書房 2012-08-01
アルゴスの黒太子とあだ名された風雲児スカール。しかし、人跡未踏の地ノスフェラスから戻った彼には、かつての面影はない。手兵を失い、最愛の妻リー・ファイもイシュトバーンの手にかかり倒された。自らは病を患い

P+D BOOKS 魔界水滸伝 13



小学館 2016-07-08
“敵は月面にあり”で「地球軍」は宇宙へ!太平洋を南下する潜水空母アークを目がけて一本のミサイルが飛来した。それは、月面に基地を構え地球の覇権を狙うWWSA『ネオ・テラ帝国』からの威嚇だ

栗本 薫の著書を検索する

栗本 薫の関連ニュース


栗本 薫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、栗本 薫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「栗本 薫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.